マルチ対応・基本無料アクションRPG『KRITIKA:ZERO』7月18日リリースへ。さまざまな武器や魔法で戦う、一騎当千カジュアルアクション

 

株式会社G・O・Pは7月11日、『KRITIKA:ZERO』について、7月18日午後5時より正式リリースすることを発表した。対応プラットフォームはPC(Steam/公式サイト)/DMM GAMES。

『KRITIKA:ZERO』はマルチプレイ可能なオンラインアクションRPGだ。2013年よりサービスが提供され、累計で2000万ダウンロードを記録したMORPG『KRITIKA』を進化させたタイトルとなっている。舞台となるのは機械と魔法が共存する世界。プレイヤーはさまざまなクラスのキャラクターを操作して、戦いを繰り広げる。


本作については、過去展開されていた『KRITIKA』の「もっとこうだったら良いのに」という点を改善。バランスの調整やコンテンツの追加などもおこなわれているそうだ。具体的には、オンラインゲームポータルPmangでも展開するにあたり、ゲームパッドでの操作にも最適化。キャラクターの成長要素としては、「征服システム」が追加。紹介動画を確認する限りでは、スキルボードのようなかたちでキャラクターを強化していくシステムとなりそうだ。

そのうえ、『KRITIKA』におけるスタイリッシュなアクションと一騎当千の爽快感はそのままだという。誰でもコンボアクションが簡単に楽しめると謳われており、槍や弓などといった武器で豪快に敵を攻撃する映像からも、迫力あるアクションが展開されていることがうかがえる。協力プレイも可能なため、プレイヤー間での連携も大事になりそうだ。

なおリリースにあたって、7月18日午前12時までPmangとDMM GAMESにて事前登録を受け付けている。事前登録し、プレゼント配布までにキャラクターを作成したプレイヤーには、レジェンド級のペットや、エフェクトを付与できるアイテムなどが特典として配布されるという。


そのほか正式サービス開始時には、ゲームプレイに役立つアイテムとして、ゲーム内通貨や経験値ポーション、カジュアルアバターなどが受け取れるようだ。また抽選で3000円分のSteamギフトやオリジナルフィギュアなどがもらえるキャンペーンも実施中とのこと。興味のある人は公式Xアカウントより詳細を確認し、参加してみてもいいだろう。

KRITIKA:ZERO』はPC(Steam)/DMM GAMES向けにリリース予定だ。