放置型RPG『Berserk B.I.T.S』発表。デスクトップ画面に配置した小さなウィンドウ内でバトルなどをさせ、ながら作業で眺める

 

デベロッパーのBerserkBoy Gamesは7月10日、放置型RPG『Berserk B.I.T.S』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、配信時期は未定。ストアページによると、ゲーム内は日本語表に対応予定のようだ。

本作は、いくつかの小さなウィンドウ表示のゲーム画面内でプレイする形式が採用された作品だ。ウィンドウはPCのデスクトップ画面の自由な場所に配置でき、PCで別の作業をしながら楽しめることが特徴となる。


『Berserk B.I.T.S』は、B.I.Tと呼ばれるデジタルコンパニオンキャラクターを育てて、敵となるウイルスと戦わせる放置型RPGだ。バトル画面となるウィンドウにB.I.Tを送り出し、さまざまな環境のステージでのミッションに挑戦。現れるウイルスとのオートバトルを楽しめる。

バトルは自動で展開され、プレイヤーはリアルタイムで収集したバトルチップを使ってB.I.Tを手助けすることもできるという。ゲームシステムについてはまだ明らかでない部分が多いが、『ロックマンエグゼ』をモチーフにしたバトルとなることがうかがえる。バトルチップは、特定の強力な攻撃を繰り出したり、B.I.Tにバフ効果を与えたりなど、さまざまな効果のものが存在するようだ。集めたバトルチップはライブラリに登録され、バトル中に使用できる。


本作にはバトル画面以外に、HomeNetと呼ばれるウィンドウも存在する。ここはB.I.Tの拠点となる部屋で、ショップで購入した家具などを配置してカスタマイズ可能。また、バトルチップビルダーを配置してバトルチップを入手したり、レアなレジェンダリーバトルチップを見つけるために運試ししたりといった要素もあるとのこと。トレイラーでは、ヘルパープログラムを導入できるとされており、そうしたバトルチップ収集を自動化させられるのかもしれない。一方B.I.Tは、普段はHomeNet内を自由に行動しており、マウスカーソルでつまんでバトル画面へと運ぶことで、バトルに挑戦できる模様である。

本作では、基本的には放置してのゲームプレイとなり、B.I.Tの様子を見守りながら、必要に応じてプレイヤーが操作するかたちとなるようだ。そして、それらは小さなウィンドウ内でおこなわれ、PCで別の作業をしながら楽しめる。こうしたスタイルは、デスクトップ画面下部のみにゲーム画面が表示される放置系農業シミュレーションゲーム『Rusty’s Retirement』などに通じるものがある(関連記事)。ちなみに、本作ではウィンドウを最小化し、バックグラウンドで動作させることも可能だそうだ。


『Berserk B.I.T.S』は、PC(Steam)向けに開発中。配信時期は未定だ。なお、本作では定期的なアップデート配信が計画されており、新しいバトルチップやデコレーション、バトルモード、シナリオモード、B.I.Tなどを追加し拡張させていくとのことである。