『FF14』「黄金のレガシー」パッチ7.0の先行パッチノート公開。PS5/Xbox Series X|S版はフレームレート最大120fpsに対応へ

 

スクウェア・エニックスは6月25日、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FF14』)の大型拡張ディスク「黄金のレガシー」の先行パッチノートを公開した。6月28日からアーリーアクセスが開始されるのに先駆けて、パッチ7.0の内容が一部記載されているパッチノートである。

パッチノートには新たに追加されるエリアやアイテム関連の情報が多く記載されている。新たなマウントやミニオンなどが多数お披露目されるなどグラフィック面での新情報が公開されたほか、モンクと竜騎士のリミットブレイクで座標移動がなくなるなど、既存のプレイングでストレスとなっていた部分に細かな調整もなされるようだ。さらにPS5/Xbox Series X|S版では画面周波数120Hzのテレビ/モニターに接続すると、フレームレート設定の上限が120fpsになるという。

また、クエスト関連のお願いとして、「発売日からプレイする方や、ご自身のペースでプレイされる方のために、公式フォーラムやLodestone、動画、SNSなどへの投稿がメインストーリーなどのネタバレにならないよう、可能な範囲でご配慮いただけますと幸いです」と記載されている。アーリーアクセスが開始されても、ネタバレ関連はワンクッションツールなどを用いて投稿するのが良いだろう。


2年ぶりの大型アップデートということもあり、「黄金のレガシー」のアップデート項目は多岐にわたる。アップデート前のメンテナンス作業は6月26日18時から開始され、通例どおりであればメンテナンス中に正式版のパッチノートが公開される見込みだ。正式版パッチノートではジョブ調整関連等を含めた全てのアップデート情報が明らかになるため、そちらも楽しみに待つとしよう。

『FF14』最新大型拡張ディスク「黄金のレガシー」は6月28日18時ごろからアーリーアクセス開始予定だ。正式リリースは7月2日に開始される。メンテナンスは48時間と長丁場の予定だが、それまでに準備を済ませ、新大陸への冒険に備えておこう。

© SQUARE ENIX