『かまいたちの夜×3』Nintendo Switch/PS4/Steam版発表、9月19日に発売へ。シリーズ通して楽しめる完結作が現行機向けに移植

 

スパイク・チュンソフトは6月18日、『かまいたちの夜×3(トリプル)』を9月19日に発売すると発表した。対応プラットフォームはNintendo Switch/PS4/PC(Steam)で、通常価格は税込3960円。発表にあわせて、トレイラーが公開されている。なお本情報は、情報番組「Nintendo Direct 2024.6.18」内にて発表されたものだ。

『かまいたちの夜×3(トリプル)』は、『かまいたちの夜 x 3 三日月島事件の真相』の内容をベースとした、移植版だ。『かまいたちの夜』シリーズは、1994年にチュンソフトから発売された『かまいたちの夜』に端を発する作品群だ。同作で主人公の透は、ある日友人の真理と共にスキー旅行へ出かけていた。彼らはペンションに宿泊し、さまざまな宿泊客とも出会う。しかし、夕食後に宿泊客の部屋で「こんや、12じ、だれかがしぬ」と書かれた奇妙な手紙が発見。手紙の予告どおりに、バラバラに切り刻まれた死体が見つかり、クローズド・サークルでの連続殺人が描かれていく。シナリオは小説家の我孫子武丸氏が執筆。その後多数の移植版やリメイク版が発売されるなど、人気を博してきた。

そして『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 』は、2002年に発売された『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』から1年後の物語が展開される、シリーズ完結作だ。同作では『かまいたちの夜2』での事件から1年後、再び三日月島へ惨劇時のキャラクターたちが集う。彼らを中心に新たな謎や事件が発生、複数の主人公たちの視点から、真相が解き明かされていく。また『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』内には、『かまいたちの夜』および『かまいたちの夜2』のメインシナリオが収録。発売当時の公式サイトでは、1本で『かまいたちの夜』シリーズが楽しめると謳われていた。


今回発表された『かまいたちの夜×3』移植版では、PlayStation 2向けに2006年に発売された『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』の内容が、各機種でプレイできるようだ。『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』は発売後、携帯端末向けを除いて移植されていなかった。『かまいたちの夜』シリーズの完結作が、現行機種でプレイ可能になるわけだ。公式サイトによると、ドット風フォントへの切り替え機能や、サウンドプレイヤー機能も用意されているという。

かまいたちの夜×3』は、Nintendo Switch/PS4/PC(Steam)向けに、9月19日に発売予定だ。通常価格は税込3960円となる。