ステージ破壊FPS『THE FINALS』新シーズンはカタナや弓、“京都風”マップなど和風要素てんこ盛りで6月13日開幕へ。歴史を感じる家屋をぶっ壊しながらバトル

 

Embark Studiosは6月8日、基本プレイ無料対戦FPS『THE FINALS』のシーズン3を6月13日から開始すると発表した。シーズン3では京都をモチーフとした新アリーナ「Kyoto 1568」が登場するという。

『THE FINALS』はEmbark Studiosが手がける展開する基本プレイ無料の対戦FPSだ。PC(Steam)/PS5/Xbox Series X|S向けに、2023年12月8日にリリースされた。本作でプレイヤーは「THE FINALS」と呼ばれるゲームショーに参加し、富や名声を獲得するため、バーチャル空間で熾烈なチーム戦を展開することとなる。実在の観光地などを含むさまざまなロケーションを模したアリーナ(マップ)にて、あらゆるものを破壊可能な点が本作の持ち味だ。

シーズン3では新アリーナとしてKyoto 1568が登場。緑豊かな京都の渓谷の、険しい山腹を模したアリーナだという。高低差の激しい地形のほか、階層化された建物やその下に隠された移動経路などが特徴になるそうだ。

さらに新たな武器・ガジェット・専門スキルも登場。ライトビルド向けには新武器「リカーブボウ」と新ガジェット「サーマル掘削弾」が実装される。リカーブボウは矢が弧を描いて飛ぶ高いプレイヤースキルが必要なガジェットになるといい、弦を長く引くほど射程距離とダメージが増加するとのこと。サーマル掘削弾は遠くから壁や建物、障害物を突破可能なガジェット。クールタイムは長いものの、自分とチームの進路や視界を確保するのに役立てられるそうだ。

ミディアムビルド向けには新武器「双刀」が追加。リーチが広く連続攻撃や突進攻撃をおこなえる武器となり、防御時には敵の弾丸を弾くことが可能だそうだ。そしてヘヴィビルド向けには新武器「スピア」と新専門スキル「ウィンチクロー」が実装。スピアは既存武器のスレッジハンマーより攻撃力は劣るものの、格段に機敏に動くことが可能とのこと。長いリーチを備える高速突きのほか、回転攻撃で広範囲を攻撃することができるという。そしてウィンチクローはチェーンを発射して敵やオブジェクトを引き寄せ、一時的にスタン状態にできる専門スキルだ。使いこなせば新武器スピアとの相性も良好だそうだ。


そして新シーズンでは5月2日に実装された「ターミナルアタック」にランクリーグシステムが導入予定。5v5で攻撃側と防衛側にわかれて戦闘を繰り広げることになるが、一度倒されてしまうとそのラウンド中はリスポーンできない。基本となる3v3v3のモードとは違った戦略が求められるモードだ。リーグシステム導入後は、ターミナルアタックの競技シーンについても注目されるところだろう。

このほかシーズン3では独自のルールやロードアウト、場所、報酬をミックスしたトーナメントに挑戦できる、イベントシリーズ「ワールドツアー」が導入される。同イベントでは、リーダーボードを上げることでブロンズ、シルバー、ゴールドのワールドツアーバッジを獲得可能。さらにシーズン終了時のポジションに応じて、ゲーム内通貨Multibucksを獲得できるそうだ。

THE FINALS』はPC(Steam)/PS5/Xbox Series X|S/GeForce NOW向けに、基本プレイ無料で配信中だ。

【UPDATE 2024/6/8 9:40】
公式発表から情報を加筆