寿司食べ放題アクション『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!ユニバース』Nintendo Switch版4月4日配信へ。寿司を愛する男の壮大バトル、新コースや“むずかしい”モードと共にSwitchに登場


有限会社レジスタおよびただすめん氏は3月28日、『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!ユニバース』Nintendo Switch版を4月4日に発売すると発表した。通常価格は税込1490円。ニンテンドーeショップでは予約が開始されており、4月23日23時59分までの期間990円で購入できる。Nintendo Switch版限定のコースなどが追加されているそうだ。


『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!ユニバース』は、寿司を食べ続けなければ死ぬ男が寿司の運命をかけた壮絶な戦いを繰り広げる、寿司食べ3Dアクションゲームである。本作の主人公は、寿司を愛するあまり、寿司を食べ続けなければ死んでしまう男だ。

寿司を愛する男は、ある日渋谷の街角で寿司を食べていた。しかしそんな彼の前から、次々に寿司が消滅。世界から寿司が消えようとしていた。天から現れた大いなる寿司の意思によると、宇宙の秩序が乱れ、何者かによって寿司の概念が書き換えられてしまったのだという。寿司を愛しすぎる男は、愛する寿司と宇宙を守るため、旅へ出発。寿司を愛する男の、寿司の概念をかけてマルチバースを巡る愛の物語が描かれる。

 


寿司を愛する男は、大いなる寿司の試練へと挑戦していく。本作はステージ制の3Dアクションゲームとなっている。各コースには、ゴールへの到達や特定の寿司をすべて食べるなど、クリア条件が存在。寿司を愛する男は、ジャンプなどを駆使してステージ内を攻略していく。ただし寿司を愛する男は、寿司を愛しすぎるあまり、寿司を食べ続けなければ死んでしまう。具体的には、ゲームプレイ中は時間経過に応じて画面上部のいのちゲージが減少し、尽きるとステージ攻略失敗となってしまう。本作では寿司を食べることでゲージを回復させながら、ステージを攻略するわけだ。

ステージは60種類以上存在している。マルチバースが舞台となっており、寿司がテクノロジーになった世界や寿司がスポーツになった世界など、寿司の概念が異なる世界も登場する。要素としては、主人公はスキルを使用可能。移動スキルや回復エリアの設置スキルなど、状況やプレイスタイルにあわせてスキルを選択できる。また本作で寿司を愛する男は、寿司を食べる度にリアクションを披露してくれる。「寿司!美味すぎる!いい加減にしろ!」「美味すぎる理由を説明しろ!!寿司!!」といった寿司に対する賛美も含めた、ハイテンションな内容も本作の特徴だろう。

 


本作を手がけているただすめん氏は、国内の個人ゲーム開発者だ。過去作としては、『体育館の天井に挟まったマッチョを助けるゲーム』『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』『PIEN-ぴえん-』などをフリーゲームなどとして配信してきた。本作『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!ユニバース』は、『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!』の続編として2023年12月に配信された作品だ。Steamのユーザーレビューにおいては、記事執筆時点で126件中95%の好評を得てステータス「非常に好評」を獲得。テンションの高い内容はもちろん、コースの設計などゲームプレイについても評価されているようだ。

『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!ユニバース』Nintendo Switch版では、追加要素が用意されているという。まず独自の限定コースが10種類用意されており、寿司を愛する男の前に新たな試練が待ち受けているようだ。また難易度変更オプションも追加。ただすめん氏のポストによると、難易度を下げる以外に「むずかしいモード」も新実装されており、いのちゲージの減少がとても早いのだという。追加要素を交えつつ、Nintendo Switchでも寿司を愛する男の戦いがプレイ可能になるわけだ。


『そろそろ寿司を食べないと死ぬぜ!ユニバース 』Nintendo Switchは、通常価格税込1490円で4月4日発売予定。ニンテンドーeショップでは予約とセールが実施されており、4月23日23時59分までの期間は33%オフの税込990円で購入できる