一撃必殺サイバーパンクアクション『Ghostrunner(ゴーストランナー)』1日限定無料配布中。Epic Gamesストアにて


Epic Gamesストアにて1月1日、『Ghostrunner(ゴーストランナー)』の無料配布が開始された。配布期間は1月2日午前1時まで。期間内にライブラリに追加しておけば、配布期間終了後もプレイ可能だ。なお、本作は日本語表示に対応している。

『Ghostrunner(ゴーストランナー)』は、サイバーパンク世界を舞台とした一人称視点のパルクール・アクションゲームだ。舞台となるのは、地球規模の天変地異により人類の大部分が死滅した未来。残された人類はダーマ・タワーと呼ばれる超巨大建造物に避難していた。しかし、そこではキーマスターを名乗る人物による支配が進んでいた。プレイヤーは刀ひとつで戦う「ゴーストランナー」となり、タワーを登ってキーマスター打倒を目指す。

本作は一人称視点のアクションゲームとして、プレイヤーも敵も一撃で死に至るワンヒット・ワンキル制を採用。ダーマ・タワーに点在する敵は鈍器や銃器を所持しており、プレイヤーを見る途端襲いかかってくる。プレイヤーは数秒間時間がゆっくりになる「感覚ブースト」などを使いこなし、攻撃をかいくぐり敵を倒していく。また、ステージ道中では、ウォールランによるパルクール要素もあり、ジャンプやスライディングを使いこなして街中を自由に跳び回っていく。スピード感のあるアクションや心地のいいパルクールで常にスタイリッシュなゲームプレイが楽しめる。


本作はSteamストアページにおいて、本稿執筆時点で約4万件中92%の好評を獲得しており、「非常に好評」のステータスを得ている。サイバーパンクな設定や、サイボーグニンジャのような主人公をはじめとする本作の世界観やアートスタイル。高難易度でありながら、何度もプレイしたくなるようなリプレイ性などが高い評価を得ているようだ。

また、2023年には本作の続編である『Ghostrunner 2(ゴーストランナー2)』がリリース。本作のスタイリッシュなアクションやパルクールの楽しさは据え置きで、バイクパートなどさらなる新要素が追加されている。本作と共通の世界設定、ストーリーとなっているので、ぜひ本作を遊んで面白いと感じたならば『Ghostrunner 2(ゴーストランナー2)』を遊んでみるのもいいだろう。こちらは今回の無料配布にあわせて、Epic Gamesストアにてセールが実施されている。


『Ghostrunner(ゴーストランナー)』はEpic Gamesストアにて1月2日1時まで無料配布中。またEpic Gamesストアでは12月21日より日替わりの無料配布が実施されており、1月2日1時には新たな無料配布作品が登場予定となっている。