月まで登る2Dアクション『INVERT: The Climb』正式発表。足場を出したり消したり忙しい“イライラ登り系”ゲーム

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのSlushyRHは9月24日、2Dアクション『INVERT: The Climb』を2024年2月にリリースすると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam/itch.io)。

『INVERT: The Climb』はひたすら上へ登ることを目的とする、2D“登り系”アクションゲームだ。プレイヤーは仮面を被ったキャラクターを操作し、月に到達するために、足場を乗り継ぎ、森を超え山を超え、ひたすらに上へ進んでいく。キャラクターの動作は軽快に見えつつ、精密さの要求される2Dアクションとなるのだろう。壁ジャンプも可能なため、慣れればスピーディーにステージを上れそうだ。

そして本作ではマップを“反転”するというシステムがある。プレイヤーは、ボタン操作によって、好きなタイミングでマップレイアウトを切り替えできるのだ。たとえば、マップを反転すると、今まであった床や壁が消え、新たに足場などのオブジェクトが現れる。「壁ジャンプしつつマップを反転し、現れた壁でジャンプと繰り返す」「目的の足場に着地するためにマップを切り替えつつジャンプする」など、反転を駆使しながら登っていく必要があり、精密な操作が要求されそうだ。一方で、上手に使うことで足場をスキップしたり効率的に登ったりすることも可能だろう。


『INVERT: The Climb』ではチェックポイントがなく、そのうえオートセーブに対応している。区切りのいいところまで進めて進捗を保存ということもできるが、ひとたび落下してしまえば、すべてが水の泡となりかねない。また本作にはオンラインでのリーダーボードが実装されている。どれだけ速く上れたかを、フレンドや世界のプレイヤーと競い、切磋琢磨してもいいだろう。

2Dの“登り系”ゲームは『Getting Over It with Bennett Foddy』『Jump King』といったさまざまな作品が登場し人気を博しているが、『INVERT: The Climb』では“反転”というギミックを用いることで、既存タイトルとは異なるプレイ感を楽しめそうだ。本作の原型となったゲームジャム向け作品『Invert』は、itch.ioにて配信中。ブラウザ上でもプレイできるため、本作のギミックを体験してみたい方は触れてみるのもよいだろう。

『INVERT: The Climb』はPC(Steam/itch.io)向けに2024年2月リリース予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る