PS5にて起動時に鳴る「ピッ」の音が消せるように。ベータ版アプデで提供開始され一部ユーザー歓喜


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは7月31日、PS5システムソフトウェアアップデートのベータ版を、本日より配信開始した。ベータプログラムに参加登録し選ばれたユーザーは、PS5本体の新機能をいち早く試すことができる。その新機能のひとつとして、「PS5の起動音をミュート」できることが明らかになり、一部ユーザーが歓喜しているようだ。

PS5においては、システムソフトウェアのベータプログラムが実施されており、参加者は正式リリース前の新機能をいち早く試すことが可能。今回配信開始されたベータ版の詳細については別記事を参照していただくとして、利便性の向上の一環として導入される「PS5の起動音をミュート」という機能に注目が集まっている。

この機能は、PS5の電源を入れる時や切るとき、あるいはPS5をレストモードにするときに鳴る「ピッ」という音の、音量を調節できるというもの。設定画面からシステム>ビープ音へとアクセスすることで、ビープ音の音量を調節可能。また同設定にて「ビープ音を消音」をオンにすると、ビープ音が鳴らなくなるとのこと。

起動時に本体からビープ音が鳴る機能はPS3の頃から搭載されており、PlayStationユーザーにとってはおなじみの音色だろう。ただ、起動したことをお知らせしてくれるビープ音ではあるが、単純にうるさいとか、「ゲームしてることが親にバレる」「寝ている家族を起こしてしまう」などさまざまな理由で、PS3当時から何とかならないかと感じるユーザーもいた模様。とはいえ、これまでビープ音の音量を調節できる機能は提供されず、なかにはどうしてもビープ音を消したいと基板からスピーカーを取り外す猛者もいたようだ。

そして今回、PS3の発売から17年越しで、PS5においてついにビープ音を消すことができるようになることが明らかになった。この一報についてRedditでは、「ついにか、素晴らしい」「SIEは不可能を可能にした」「手遅れだ。ビープ音のせいで9回も離婚したんだぞ」「むしろビープ音を大きくできないか」など、ジョークを交えながら歓迎する声が聞かれる。

「PS5の起動音をミュート」機能を含むPS5システムソフトウェアアップデートのベータ版は、ベータプログラムに参加登録し選ばれたユーザーを対象に本日より配信中。2023年内には、全ユーザーに向けて正式リリースされる予定となっている。