PS5本体アプデのベータ版が配信開始。アシストコントローラー機能導入、ハプティックフィードバックがメニューで有効など新機能続々

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは7月31日、PS5システムソフトウェアアップデートのベータ版を、本日より配信開始したと発表した。ベータプログラムへの参加登録し選ばれたユーザーを対象に提供される。同アップデートにて追加される機能については、2023年内には全ユーザーに向けて正式リリース予定とのこと。

今回提供開始されたPS5システムソフトウェアアップデートのベータ版では、まず新しいアクセシビリティ機能が導入。ひとつのアカウントに対して、2個目のコントローラーを「アシストコントローラー」として割り当てることができるようになる。ふたつのコントローラーでの操作がひとつのコントローラー操作として扱われ、たとえば手の不自由なユーザーを、友人がサポートするような使い方が考えられるが、難しい操作が必要なパートを手伝うような使い方も提案されている。

もうひとつ、PS5のホーム画面の操作において、DualSenseワイヤレスコントローラー・DualSense Edgeワイヤレスコントローラー・PlayStation VR2 Senseコントローラーのハプティックフィードバックを有効にできるようになる。本機能を有効にすると、たとえばカーソルを移動したときや、スクロール可能なセクションの終端に達したとき、オプションを有効化したとき、通知を受け取ったとき、ゲームを起動したときなど、さまざまな操作に応じた反応をハプティックフィードバックで感じることができるという。視覚や聴覚障がいのあるユーザーを触覚を通じてサポートする機能だ。これらの機能は、設定からアクセシビリティの項目にアクセスして有効にできる。


PS5のTempest 3Dオーディオについて、Dolby Atmos対応のHDMI機器(サウンドバー、テレビ、ホームシアターシステムなど)をサポートする。これにより天井スピーカーにも対応し、より濃密な没入感でPS5のゲームをプレイできるとのこと。こちらは設定からサウンド>音声出力>音声フォーマット(優先)>Dolby Atmosへと進み有効にできる。

ソーシャル機能の向上もおこなわれ、まずパーティー機能のUIにおいては、フレンドをグループに自動的に追加したり、新しいグループを作成することなく、一時的にプライベートパーティに招待できるようになる。また、オープンパーティーおよびプライベートパーティーの招待を、グループ宛てに送ることが可能になるそうだ。

また、参加可能なパーティーにシェアスクリーン中のプレイヤーがいると、シェアスクリーンのプレビュー画像が表示されるようになる。フレンドタブについては、一緒にプレイできるアクティビティーをおこなっているフレンドが分かりやすいように改善。さらに、ゲームハブへのトーナメントタイルの追加や、絵文字でメッセージにリアクションできる機能の追加もおこなわれる。


このほか、ゲームライブラリー内にあるゲームの検索機能の追加や、ゲームヘルプカードの改善、PS5を使いこなすためのヒントなどを確認できる「使い方ヒント」項目の設定への追加、PS5の起動音のミュート設定の追加も実施。さらに、PS5本体ストレージの拡張に使用可能なM.2 SSDの最大容量について、現状の4TBから8TBに拡大される。対応M.2 SSDの要件については公式サポートページを確認してほしい。

PS5システムソフトウェアアップデートのベータ版は、本日より対象者に向けて配信開始。詳細は発表ページを参照されたい。ベータプログラムへの参加登録方法については、公式サイトを確認してほしい。また、同アップデートにて追加される機能は、2023年内に正式リリース予定である。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る