Nintendo Switch向け『エブリバディ 1-2-Switch!』は“最大100人プレイ”に対応。Joy-Con/スマホを使う賑やかな遊びいろいろ


任天堂は6月21日、『エブリバディ 1-2-Switch!』の最新情報を発表した。収録されるゲームが紹介されたほか、Joy-Conモード/スマホモードの最大プレイ人数も明かされている。スマホモードでは最大100人でプレイできるという。

『エブリバディ 1-2-Switch!』はパーティゲームだ。2017年発売の『1-2-Switch』の後継作となる。Joy-Conまたはスマートフォンを用いてプレイが可能。「大人数で楽しめるパーティゲーム」と謳われており、友達同士だけでなく結婚式の二次会や懇親会といったシチュエーションでも楽しめる作品となるようだ。

6月30日に発売を控えるなか、このたび本作の最大プレイ人数や収録ゲームの一部がお披露目された。まずJoy-Conモードでは、ひとり1本ずつJoy-Conを使うかたちで2人から最大8人までプレイ可能。そしてスマホモードでは、ひとり1台ずつスマホを使うかたちで2人から最大100人までプレイ可能だという。「大人数で楽しめる」との説明どおり、大勢が集まるシーンでも活躍するゲームとなりそうだ。

Joy-Conモードでは体を動かして遊ぶタイプのゲームが収録。バトンタッチしながら走るリレーレースや、侍がテーマの早斬り対決、ポンプでぎりぎりまで風船を膨らませるゲームなどが用意されているという。一方スマホモードでは、スマホを使って書いたり撮ったりタップしたりといった操作で遊ぶゲームが収録。大勢の客から殺到するアイスクリームの注文をメモするゲームや、お題となる“色”と同じ色を現実で探して撮影するゲームのほか、スマホを振って宇宙人と交信するゲームなどが用意。体を動かして本格的に遊ぶJoy-Conモードと、老若男女問わずシンプル操作で楽しめるスマホモード。それぞれ場面に応じた楽しみ方ができることだろう。


なお上述したようなゲームは、「チームマッチ」として2つのチームに分かれて競い合って遊ぶそうだ。一方で本作には、一人ひとりがライバルとなるクイズパーティ/ビンゴパーティも収録されるという。クイズやビンゴカードをあらかじめ用意することなく、パーティの余興として楽しめるモードとなりそうだ。

ちなみに前身となる『1-2-Switch』は、最大2人プレイのゲームであった。ゲーム画面ではなく「相手の目」を見て遊ぶことがコンセプト。1対1の真剣勝負ができる作品となっていた。後継作『エブリバディ 1-2-Switch!』ではテーマや想定されるシチュエーションががらりと変わって、大人数で賑やかな遊びを楽しめる作品になるかたちだ。

『エブリバディ 1-2-Switch!』は、Nintendo Switch向けに6月30日に発売予定だ。