『スプラトゥーン3』新ブキ「スペースシューター」「ワイドローラー」「R-PEN/5H」サブ・スペシャル・性能まとめ。全体的に威力控えめ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スプラトゥーン3』において本日12月1日、新シーズン「2022冬 Chill Season」が開幕した。多数の復刻ブキのほか、3種類の新ブキが登場。本稿では新ブキの性能をお届けする。


スペースシューターはシューター系ブキだ。連射力はスプラシューター程度。補正がない場合一発24ダメージなので、相手を倒すのには5発を要する。一方で、弾ブレはそこそこあり。サブはポイントセンサーで、スペシャルはメガホンレーザー5.1chとなる。ブキ種やサブ・スペシャルを踏まえると、新ブキの中では威力は控えめで扱いやすさ重視のブキとなりそうだ。


ワイドローラーは、ローラー系ブキだ。ローラー系のブキといえば、構えて移動する際に転がし塗りをすることができる。本ブキは、その転がしが横に長いことが特徴。性能としては、通常時の横振りおよび地面を転がすときには最大70ダメージで、ジャンプ時の縦振りでは当たり方によって100ダメージを超える。サブはスプラッシュシールドで、スペシャルはキューインキとなる。キューインキは先日のアップデートにて強化を受けたスペシャルウェポンのひとつ。本ブキでもその恩恵に預かれるだろう。とはいえ、最大の特徴は転がし塗りの強さ。戦いの性能はローラーとしても控えめといえるだろう。

R-PEN/5Hは、チャージャー系ブキだ。エンピツのようなフォルムが特徴。性能としては、一度のチャージで5回発射可能。チャージ時は1発60ダメージで、射程はスプラチャージャーより長く、リッター4Kよりは短い。チャージはイカ状態になるとキャンセルされるほか、チャージなしの射撃は40ダメージとなる。チャージャーとして、一撃の威力はおさえめ。サブはスプリンクラーで、スペシャルはエナジースタンドだ。連射可能なチャージャーとなるため、後方から相手をけん制しつつ、エナジースタンドで味方を支援できるブキとなりそうだ。


以上が新シーズン「2022冬 Chill Season」で新たに登場したブキとなる。全体的には威力などは控えめに設定されており、扱いやすさ重視の印象。とはいえ、今後研究が進むにつれてその奥深さも解明されるだろう。

なお本作にはこのほかにも過去作から復刻したブキが多数登場している。復刻ブキは過去作とは違ったサブやスペシャルを有しており、使い勝手も変化していることだろう。多彩な追加ブキの登場に先日の各種バランス調整も相まって、新シーズンの環境は大きな変化を見せるかもしれない。

『スプラトゥーン3』はNintendo Switch向けに配信中。「2022冬 Chill Season」は本日より開幕している。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

なんでも遊ぶ雑食ゲーマー。『Titanfall 2』が好きだったこともあり、『Apex Legends』はリリース当初から遊び続けています。