スクエニ元従業員ら、インサイダー取引容疑で逮捕。『ドラゴンクエストタクト』開発元の株を、公表前の情報をもとに買い付けた疑い【UPDATE】

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

東京地検特捜部は11月17日、株式のインサイダー取引による金融商品取引法違反の疑いにより、スクウェア・エニックスの元従業員ら2名を逮捕したと発表した。テレビ朝日報道局などが伝えている。

スクウェア・エニックスは、日本の大手ゲーム会社。東京地検特捜部の発表および各紙報道によれば、逮捕されたのは同社の従業員だったという佐崎(一部報道にて﨑との表記あり)泰介容疑者(38)および、足立区の会社員だという鈴木文章容疑者(40)の2名(TBS News Dig)。

佐崎容疑者らは、スクウェア・エニックスと共にモバイル向け新作ゲームを手がける、株式会社Aimingの株取引にて不正をしたと見られる。スクウェア・エニックスとAimingの近年の取り組みとしては、『ゲシュタルト・オーディン』や『ドラゴンクエストタクト』などがあげられる。佐﨑容疑者らは、Aimingがスクウェア・エニックスの新作ゲームに携わることが公に知られる前に、同社株約4700万円分を買い付けた疑いがもたれている。すなわち、同容疑者らは、未公表の社内情報に基づく株取引で不正に儲けを得ようとしたインサイダー取引を実行したと見られている。日テレNEWSによると、関与の疑いのあるタイトルは『ドラゴンクエストタクト』のようだ。

なお、佐崎容疑者については『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』や『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』に、ミドルウェア関連の業務に関わっていた人物として同名のクレジットが存在。鈴木容疑者については、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』にてイベントプログラマーとして同名のクレジットが存在する。

【UPDATE 2022/11/17 16:16】
スクウェア・エニックスは11月17日、本件についてのニュースリリースを発表した。同発表で同社は、今まで証券取引等監視委員会による調査に全面的に協力していたとコメント。検察庁による捜査にも今後協力していくとした。また、「今回の事件に対して、元社員に対する処分を含めて厳正に対処しております」として、元社員が関わったという事実関係を認めつつ、厳しく処断する方針を示した。また、インサイダー取引の未然防止にむけた社内教育などの取り組みを、よりいっそう強化していく旨を伝えている。




※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る