ポストアポカリプスMMOシューター『Ashfall』発表。人工知能と人類が争い合うアジア的終末世界を冒険

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

NetEase Gamesは9月16日、『Ashfall』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/iOS/Androidで、2023年配信予定。クロスプラットフォームプレイにも対応する見込み。Steamストアページによると、日本語表示にも対応する。

『Ashfall』は、MMORPG要素を含むシューターになるという。本作の舞台となるのは戦争によって荒廃し、資源の枯渇したポストアポカリプスの世界。プレイヤーはこの終末世界で旅をすることになるそうだ。荒野での冒険では、さまざまな事件や戦闘に見舞われるとのこと。多様な武器を手に取り、終末世界で自分だけの物語を作り上げていくのだ。

物語の舞台は、人工知能が人類と壮絶な戦いを繰り広げる未来の世界。核戦争により世界は廃墟と化し、人類に残されたのは塵と鉄さび、そして陰鬱な日々。そんな中で、プレイヤーは伝説の「創世のコア」を見つけ出すことを目指す。シェルターを離れ、崩壊した世界で旅を始める。ゲーム中の景色やキャラクター、ストーリーにはアジア的要素が盛り込まれているとのこと。従来のポストアポカリプステーマのゲームとは、一味違う雰囲気を目指しているそうだ。

戦闘は、銃器を用いるシューターとして展開。個性的な銃器が登場するほか、地形を活かした戦術が特徴となるそうだ。ダンジョンなどもコンテンツとして用意されるとのこと。なお本作のゲームプレイはソロとマルチの両方で楽しむことが可能だという。フレンドと共に高難度のダンジョンを攻略するのも、持ち味となるようだ。

プレイヤーは荒廃した終末世界を自由に探索することが可能。多種多様なウェイストランドの風景を堪能したり、NPCと交流してストーリを進めたりと、自分だけの冒険の旅を楽しめるという。各地でランダムイベントも発生し、新鮮な冒険を楽しめるとのこと。プレイヤーは戦闘だけではなく冒険によっても、キャラの成長要素をアンロック可能。キャラを柔軟に成長させることができるようだ。

本作を手がけるのはLegendary Star Studio。同スタジオにとっては本作は初のタイトルとなる。同スタジオには、今までFPSやRPGなどのゲーム開発に携わったスタッフが在籍するようだ。そうしたジャンルにおける豊富な開発経験を活かして、本作は制作されているとのことだ。また本作の音楽制作陣には、映画などの楽曲で数々のアカデミー賞を受賞したHans Zimmer氏とSteve Mazzaro氏、そしてFalloutシリーズの作曲を手がけるInon Zur氏が携わるという。彼らの手がける、終末世界を彩る音楽にも期待したいところだ。

『Ashfall』は、PC(Steam)/iOS/Android向けに2023年配信予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る