Unityがアプリ収益化企業ironSourceを完全子会社化で合意。ゲーム制作から成長・収益化まで支える体制に

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Unity Technologiesは現地時間7月13日、アプリ収益化を手がけるironSourceの完全子会社化について合意したことを発表した。

Unity Technologiesは、ゲームエンジンUnityの開発で広く知られる米テクノロジー企業。一方のironSourceは、モバイルアプリゲームにおけるユーザー分析やマネタイズソリューションを手がける企業だ。イスラエルのテルアビブに本拠を置いている。今回のUnity Technologiesの発表によれば、同社とironSourceは、全株式取引によりUnity側がironSourceを完全子会社化することで合意。株式の取引は、2022年Q4には完了見込みだ。

また、ironSourceの株主たちの所有株については、同社の普通株式1株をUnityの普通株式0.1089株に交換する見込み。この交換により、現状のUnityの株主たちは同社株の73.5%を、ironSourceの元株主たちは残りの約26.5%のUnity株を所有するかたちになる。


ironSourceのCEOであるTomer Bar-Zeev氏は、UnityとironSourceの協力によって、クリエイターの成長を促進できるとして意欲を見せている。また、Unityエンジンやエディター、Unity Ads、Unity Gaming ServicesなどとironSourceのプラットフォームによる相乗効果への見通しが語られている。開発者らはゲーム制作・成長・マネタイズなどをシームレスに実行できるようになる見込みとのこと。実際にどのような機能やサービスが登場するのか、モバイル向け作品以外でも恩恵は受けられるのか、開発者たちの注目を浴びそうだ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る