『ストリートファイター6』のガイル、ついに「眉毛」が生える。31年目にしてついに描かれたブロンドのアイブロー

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンは6月10日、Summer Game Festにて『ストリートファイター6』の最新映像を公開した。同映像のなかでは、本作のプレイアブルキャラクターとして新たにガイルが参戦することが明らかに。そんななか、視聴者の視線はガイルのある部分に釘付けとなったようだ。「眉毛」である。
 

 
ガイルは『ストリートファイター II』からシリーズを通して登場してきたキャラクターの一人。冷静沈着に見えるが実は熱血漢で、見た目も言動も渋いハードボイルドなファイターとして描かれてきた。『ストリートファイター V』では追加キャラクターとしての登場だったが、『ストリートファイター6』では久々に初期プレイアブルキャラクターとしての参戦となる。

今回公開された映像では、海上に浮かぶ空母を背景に、リュウ・ルークとの戦いを披露。おなじみのソニックブームやサマーソルトキックを披露している。そしてリュウや春麗などと同様、今作のガイルは装いを新たにしており、袖をまくり上げたデニムパーカーを着用。一方でトレードマークともいえるアメリカ国旗のタトゥーと逆立った髪は従来通りで、戦いのあとに櫛でヘアスタイルを整える姿もおなじみだ。最新作にふさわしい、アイコニックな存在として参戦を果たしている。

そして映像のなかでは、ガイルの姿がクローズアップして映し出される場面も。最新のRE ENGINEにより、ディティールが精細に描かれていることが分かる。目につきやすい変化として、ワイルドな口ひげをたくわえていることも印象的だ。が、SNSなどでは、ユーザーはよりささやかな変化に注目している。というのも、ガイルにこれまで描かれてこなかった眉毛が生えているのである。
 

 
従来作の『ストリートファイター』シリーズでは、ガイルには一貫して眉毛が描かれてこなかった。初出の『ストリートファイター II』のドット絵にはじまり、前作『ストリートファイター V』でもサングラスの下はノー眉毛。描写の精細さにかかわらず、時代が下ってもガイルの眉毛は描かれてこなかった。『ストリートファイター』外でコラボレーションしたときも同様で、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』でのアシストフィギュア参戦時、『フォートナイト』でのコラボスキンリリース時にも、眉毛は描かれず。ヘアスタイルに並び、ノー眉毛もまたガイルのアイデンティティだったといえる。
 

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』

 

『フォートナイト』

 
ところが今回発表された『ストリートファイター6』の映像では、ガイルの目元に明らかに眉毛が描かれている。ブロンドであるため肌になじんでいるものの、注意して見れば眉毛の1本1本まで精細に描かれていることが分かるだろう。SNS上ではこの変化に気づいたユーザーたちが一様にガイルの眉毛についてコメントしている。RE ENGINEの進化の賜物であると賞賛するもあれば、ガイルの眉毛にたじろぎ、あるいは興奮隠せないユーザーたちのも多数だ。
 

 

 
ガイルは2017年、化粧品ブランド柳屋本店とのタイアップでヘアスタイリング剤をPRした経験がある。その際には、「乱れたヘアスタイルは、心の乱れにつながる」「ヘアスタイルは俺自身の心そのものでもある」と語っていた。自身のスタイルに並々ならぬ信念をもっており、であれば当然、眉毛のケアについても尋常ならざるこだわりがあったはずだ。ここにきて眉毛アリのスタイルに転向した背後には、どのような心境の変化があったのだろうか。『ストリートファイター6』できっと語られるバックストーリーにも期待が高まるところだ。



※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る