ゲームクリエイター板垣伴信氏がTwitterアカウントを開設。新しいゲームの開発について発信へ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ゲームクリエイターの板垣伴信氏は5月14日、自身のTwitterアカウントを開設したことを明らかにした。今後、新しいゲームの開発について発信していくという。

板垣氏は、テクモ(現コーエーテクモゲームス)にてTeam NINJAを率い、『DEAD OR ALIVE』や『NINJA GAIDEN』シリーズなどを手がけたことで知られる人物だ。2008年に同社を退社(テクモが解雇し、のちに裁判を経て和解が成立)したあとには、ヴァルハラゲームスタジオの設立に参加。同スタジオでは『デビルズサード』をリリースしている。

ヴァルハラゲームスタジオで代表取締役などに就いていた板垣氏は、2017年に退任して同スタジオ最高顧問に。その後は、ゲーム開発という面での表立った活動はしばらく報告されてこなかったが、2021年1月になって、自身の会社である板垣ゲームズ(Itagaki Games Studio)を設立したことを公表。それまでの4年間は後進に仕事を教えていたそうで、「またゲームを作りたい」と思ったため会社を設立することにしたのだという。

今回開設されたTwitterアカウント(@ItagakiApex)は、同氏の仕事用アカウントとして、新しいゲームの開発について発信していく方針とのこと。以下の英語ツイートでは、開発状況を報告するだけでなく、自身のゲームライフについても投稿していくことがうかがえる。一方で、かねてより利用していたFacebookでは仕事以外の話を扱うそうだ。今後は両SNSを使い分けていくということだろう。

板垣氏は板垣ゲームズにてどのような作品を手がけているのか、現時点では何も情報は公開されていない。ただ、多くの人気作を生み出してきたクリエイターが新作開発に向けて動き出したとみられることで、同氏の発表に対しては期待を寄せるコメントが国内外から多数投稿されている。

ちなみに板垣氏はTwitterにて、最近Twitter社の買収に乗り出し世間を騒がせているイーロン・マスク氏と、MMORPG『Warrior』の公式アカウントをフォローしている。同作はGameFi 2.0の導入を掲げており、ブロックチェーン技術を用いた作品のようだ。板垣氏の新作との関連は不明ながら、少なくとも同氏が興味をもっている分野であることがうかがえる。今後板垣氏が、どのようなツイートを投稿していくのか注目される。



※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る