軟体の硬派なメカアクション『プニヒローダー2』Steamストアページ公開。100種類以上のパーツから生み出す俺の最強ロボ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

国内のゲームデベロッパー221GAMESは4月5日、アクションシューティング『プニヒローダー2』のSteamストアページを公開した。対応プラットフォームはPC。 
 

 
『プニヒローダー2』は、一頭身の謎の生物である「ぷにひ」が個性的なメカに乗り込み戦うメカカスタマイズシューターだ。本作の舞台となる地は、ネオアサヒカワ。ネオアサヒカワでは、ぷにひたちがメカに乗って戦う競技が大流行している。プレイヤーはぷにひとなり、仲間を集め、活動資金を稼ぎ、メカパーツを買い揃え「ネオアサヒカワリーグ」の頂点を目指すのだ。 

ぷにひが搭乗するメカは、胴体/左腕/右腕/脚部/背面装備という5つの部位から構成されている。プレイヤーは100点以上登場するパーツを組み合わせ、自分だけの最強のメカを目指すのだ。たとえば脚部でいえば、二足歩行型やタイヤ駆動型、ホバー型など、多彩な種類が用意されている。腕パーツとしてはガトリングや二刀流といった武器を選択することができるようだ。パーツの組み合わせによって、自分好みの戦闘スタイルを選ぶことができるのだろう。ちなみにメカに搭乗するぷにひも、さまざまなファッションを楽しむことができる。 
 

 
ゲームモードとしては、ネオアサヒカワリーグの頂点を目指す1on1/3on3モードを搭載。くわえて、気軽に競技に参加できるサバイバルモードや、活動資金を稼ぐバイトモードなども用意されている。 

前作『プニヒローダー』は2019年より、Boothにて販売中。『プニヒローダー2』における追加要素としては、前作16種類のメカが続投するほか、さらに10種以上のメカが追加される。くわえて、さまざまな補助機能をメカに付与する「背面装備」が実装。ジャンプ/回復/エイムアシストなどの効果を発動する。また3機のチームを組んで戦う「3on3モード」も本作にて初登場。チームの僚機はプレイヤーが指示することにより、多彩なスタイルでバトルさせることが可能だそうだ。 

本作の開発を手がける221GAMESは、2人組からなるインディーゲームデベロッパーだ。開発を手がける、かにのよこのふ氏およびメカデザインを手がける離水ひつじ氏からなるチームである。過去作としては先述した『プニヒローダー』をリリース。それから2年以上の時を経て、ボリュームアップした続編を送り出すようだ。 
 

 
『プニヒローダー2』はSteamにてPC向けに発売予定。2022年夏には体験版配信が予定されているそうだ。 




※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る