『エルデンリング』とあるトラップに絶望するプレイヤー続出。「帰りたい…」のメッセージで埋まる床

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

発売から間もない『エルデンリング』にて、さっそくプレイヤーを待ち受ける「とある罠」が話題となっているようだ。迂闊な欲望を飲み込むトラップに、「帰りたい…」の声が続出している。なお、本稿にはゲーム内要素のネタバレが含まれるため、留意されたい。
 

 
『エルデンリング』は昨日2月25日に発売された、フロム・ソフトウェア新作アクションRPGだ。本作は『ダークソウル』など同スタジオ過去作のゲームプレイを受け継ぎつつも、新たな要素も数多く盛り込んでいる。広大でオープンなフィールドとなったことで、探索の自由度がアップ。まだ見ぬ土地とアイテムを求めての寄り道も、ゲームプレイで大きな比重を占めるようになっている。

一方で、プレイヤーに衝撃をあたえる仕掛けの数々も健在だ。敵による不意打ちやトラップなどはもちろん、『ダークソウル』シリーズ恒例となっている“宝箱の罠”も本作には存在する。そして、ゲームの比較的序盤に訪れるであろうエリアに存在する、ある宝箱はプレイヤーにとんでもない仕打ちを受けさせるのだ。その仕打ちとは、「転送」である。
 

 
前述の通り、本作の舞台となる「狭間の地」は大変広大だ。ロケーションも豊富で、美しい野原から毒々しい沼地まで多種多様。さらに、入り込めるダンジョンや洞窟なども数多く点在しており、すべてを把握するにもかなりのプレイ時間が必要となる。そんな広大な世界の、どことも知れない場所に、何の説明もなく送り込まれるのである。しかも、転送先もなかなか厄介だ。プレイヤーが送り込まれるのは、とある鉱山のやや深部。序盤ではかなり手強い、見たこともない敵が跋扈する異境だ。端的にいってめちゃくちゃ怖い場所のボロ小屋に、気付いたら立っている。かくいう筆者も、その被害者のひとりだ。ここからは、現場写真なども交えて状況をお伝えしていく。
 

 
まず、強制転送宝箱が存在するのは、序盤から到達できるある地点だ。実をいえばこの宝箱は、ネットワークテスト時には罠ではなくアイテムが入っていた。そのため、同テストをプレイする機会のあった筆者は、しめしめと思い宝箱を回収しにいった。すると、逆に宝箱に回収されるはめになったわけだ。なお、ほかにもネットワークテスト時と製品版でアイテムや敵配置などが変わっている部分もあり、新鮮な体験を届けたいとの意図を感じる。転送はまったく予想しておらず、ひっかかった瞬間は「やりやがったな」と思わず口にしてしまった。
 

 
そして転送後、まず自分の現在地を確認しようとマップを開くと、無情にもまだマップを開放していない地点の辺境にぽつんとプレイヤーアイコンが表示されていた。つまり、脱出できたところで知らない土地なのである。また、本作のファストトラベル要素も一時的に封じられてしまう。地面には「帰りたい…」など悲嘆のメッセージが多数残され、被害者の会の様相を呈している。とにかく状況を打破せねばと転送された小屋から一歩外に出ると、瞬時に「見なければよかった」と後悔するような外見の敵が、あからさまに臨戦態勢で周囲を見張っている。炭鉱夫たちもレーザーメスのような恐ろしい魔法器具で鉱石を掘っており、近づくのも怖い。

しかし、一生このボロ小屋で暮らすわけにもいかない。意を決して大人しい炭鉱夫の方から攻撃してみると、手元で鈍器がピコピコハンマーに入れ替わったかのような微々たるダメージが出た。そして次の瞬間には、見張りたちから魔法らしき攻撃が乱射され筆者は蜂の巣に。薄れゆく意識のなか「死んだら戻れるかもしれない」と一縷の望みをかけた褪せ人は、数秒前までいた鉱山ボロ小屋でふたたび目を覚ました。どうやらここには祝福の導きも届かないらしい。
 

 
こういうケースで取るべき手段はやはり「走り抜け」である。数回テンポよく死につつ、がむしゃらに走り回っているとやっと出口が見つかった。とはいえ、出迎えてくれた光景も、いかんとも名状しがたいゴム手袋が欲しくなるような景色だった。いずれにせよファストトラベルは可能になり、祝福も開放して家路につくことができた。

こうした経験をしたのは筆者だけではなかったようで、SNS上などでは複数の日本および海外のプレイヤーが転送の恐ろしさを語っている。現場に遺された数多のメッセージからも、被害者の多さが見て取れた。一方で、転送罠にかかって満更でもない声も散見される。予測がつかないながら、対処は可能な難局を打破するのも、本作の楽しみということだろう。

また、本作にはほかにも行き先のわからない転送罠やテレポートポイントが点在している。見知らぬ場所に放り出されるのは恐ろしい一方で、未だ到達せぬエリアを開拓するチャンスともなっている。チェックポイント/ファストトラベル先である祝福を開放できる機会でもあるため、是非とも勇気と覚悟をもって攫われてみてほしい。なお、本誌では『エルデンリング』初心者に向けた手引きを掲載している。狭間の地にて不安だらけの方の、導きとなれば幸いだ。

『エルデンリング』はPC(Steam)およびPlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに発売中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る