ローグライトアクション『メタリックチャイルド』大型アプデが近日配信へ。新たな戦闘スタイルと、サクナヒメコラボDLCが登場

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのCRESTは2月24日、『メタリックチャイルド』の大型アップデートを近日に配信すると発表した。ロナに新たな戦闘スタイルが追加されるほか、新武器や新カスタムも登場。また、以前より告知されていた『天穂のサクナヒメ』とのコラボDLCも、同タイミングで配信されるという。
【UPDATE 2022/2/25 17:20】
配信日について修正
 

 
『メタリックチャイルド』は、韓国のStudio HGが開発した、コアを集めて宇宙船の落下を防ぐローグライト・コアアクションゲームである。本作の舞台は、2086年の宇宙実験室ライフストリーム号だ。同宇宙船内では、人間と同程度の思考や感情をもつアンドロイドの研究開発プロジェクト「メタリックチャイルド」が進められていた。しかしある時、同計画の責任者アイリーン博士による反乱が発生。船内はロボットに支配され、ライフストリーム号は地球へと墜落しようとしていた。本作の主人公ロナは、プロジェクト「メタリックチャイルド」の初期に製造されたアンドロイドの少女だ。反乱の中、ロナはライフストリーム号の墜落を止めるべく行動を開始。メタリックチャイルドのもつコアジェムを奪うため、各エリアの攻略を目指す。
 

 
ロナは、ソード&シールド/ハンマー/ガントレットの3種類の武器を使った攻撃や掴み、武器ごとのスキル攻撃や防御アクションなどが可能。船内には暴走するロボットたちが存在するため、彼らを殲滅しながら、各エリア最奥に待つメタリックチャイルドの元へと進む。ステージ選択式を採用した、見下ろし視点のアクションが展開されていく。

特徴的な点としては、ロナにはコアシステムという機能が搭載されている。攻略中、敵のロボットを倒した際に、確率でミニコアと呼ばれる小さなコアが出現する。ロナがミニコアを取得すると、一時的な能力をランダムに獲得。攻撃力の強化や投げ対象の拡大、敵撃破時のHP回復など、ランダムな能力によってロナを強化できるわけだ。ただしミニコアの中には、バグ/ウイルスコアと呼ばれる、マイナス効果を発生させるモノが紛れている。単純なマイナス効果以外に、ゲーム画面の解像度が低下したり、ロナがボクセルになったりといったユニークなものも含まれており、ミニコア自体が本作の特徴ともいえるだろう。そのほか強化要素としては、いわゆるレリック/パーク相当のスーパーコアシステムや、レアリティの設定された装備などが存在。ランダム生成されるステージの攻略と、10種類以上のボスとの戦いが繰り広げられる。
 

 
発表された大型アップデートでは、新システムや武器が追加されるという。一例としては、ステージ開始時に選択できるロナの新たな戦闘モードAdvancedが登場する。開発元Studio HGの公式Twitterによると、Advancedはスキルが大幅に強化される戦闘スタイル。強化スキルによって多数の敵を一度に処理できるといい、従来とは違った戦いに期待できそうだ。そのほか発表されているものとしては、ハイスコアを目指して戦う「限界実験室」や、多数の個性的な新武器、新カスタムが追加予定。また以前から発表されていた『天穂のサクナヒメ』とのコラボDLCも、大型アップデートと同タイミングでの配信が予定されているそうだ。
 

 

 
『メタリックチャイルド』は、Nintendo Switch/PC(Steam)向けに発売中。価格はNintendo Switch版が税込3980円、Steam版が税込2980円となっている。また大型アップデートおよび『天穂のサクナヒメ』コラボDLCは、近日配信予定だ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る