ローグライクSRPG『屍喰らいの冒険メシ』セーブデータ引き継ぎ対応体験版配信。モンスターを食べて飢えを凌ぐ、サバイバルダンジョン攻略

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

日本一ソフトウェアは1月20日、『屍喰らいの冒険メシ』の無料体験版を配信開始した。対応プラットフォームはPlaySation 4/Nintendo Switch。体験版には、ゲーム序盤の内容が収録。製品版へのセーブデータ引き継ぎに対応している。

『屍喰らいの冒険メシ』は、ダンジョン内で食料を調達しながら地上への生還を目指す、サバイバルシミュレーションRPGである。本作の舞台は、新人冒険者の間で登竜門や度胸試しの場として親しまれているダンジョン「封印の地」だ。主人公の冒険者たちは、封印の地が新人冒険者向けだと聞いて足を踏み入れる。しかし、彼らはダンジョン内で遭難。持ち込んだ水や食料は尽き、極限状態に陥ってしまう。ダンジョン内でのサバイバルと、地上への生還を目指す冒険が幕を開ける。


新人冒険者たちは、飢えと乾きを凌ぐため、ダンジョン内で食料を集める。モンスターを倒して肉を手に入れ、マップを探索して植物を採集。集めた食材を複数組み合わせて料理を作ることで、カロリーと水分を補給しながら、地上を目指していく。手に入れた食材は、同じ食材であっても調理方法次第で異なる冒険メシに変身する。料理のレシピは50種類以上あり、モンスター肉がごろっと入った「ミートシチュー」から、独創的な「串焼き虫」まで、さまざまな料理が用意されているそうだ。

ダンジョン内でのモンスターとの接触時には、シミュレーションRPG式のバトルが展開される。しかし本作においては、戦闘でもサバイバル要素が関わってくるようだ。冒険者たちは、料理を食べるとスキルや一時的なステータスの強化を得る。メリットが得られる反面、戦闘中もカロリーと水分を消費するため、効率的な行動が重要になってくるという。また、戦闘中に倒れたモンスターや味方の屍を食べると、HPなどが回復し、その場限りの特殊スキルを獲得する。たとえば、2回攻撃の特性を持つマンドラゴラを喰らうと、食べた冒険者が一時的に2回攻撃を習得。「屍喰らい」によって、敵や味方の屍をも利用して生き残っていくわけだ。

そのほかシステム面では、冒険者たちのリーダーが死亡すると、解放したレシピと装備は引き継がれるものの、レベルや食材をロスト。4段階の難易度や、ゲテモノ料理の表現を黒塗りにするあんしんモードも用意されている。


本日1月20日に配信開始された体験版では、本作のゲーム序盤がプレイ可能だ。冒険者のクラスや外見が選択できるキャラクターメイクやダンジョン内の探索パート、集めた食材を使った冒険メシの調理など、製品版と同じ内容の序盤がプレイできるという。また体験版のセーブデータは、製品版への引き継ぎ対応している。

屍喰らいの冒険メシ』はPlayStation 4/Nintendo Switch向けに、1月27日に発売予定。通常版は税込7678円。Nippon1.jpショップでは、2枚組のサウンドトラックCDや設定資料集付きの限定版が、税込1万3178円で販売されている。セーブデータの引き継ぎに対応した体験版は、各ストアからダウンロード可能だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る