迷子ネコアドベンチャー『Little Kitty, Big City』正式発表。日本風の街を探索し、動物の友達を作り、家に帰る

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのDouble Dagger Studioは11月14日、ネコアドベンチャーゲーム『Little Kitty, Big City』を正式発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびコンソールで、2022年配信予定。


『Little Kitty, Big City』の主人公は、大きな街にて迷子になってしまった黒い子ネコだ。本当は急いで家に帰らなければならないが、見知らぬ街には興味をそそられるものがさまざま存在。好奇心旺盛な子ネコはついつい寄り道をし、冒険してしまうこととなる。

本作のゲームプレイの詳細はまだ明かされていないが、街をあちこち探索したり、ほかの動物の友達を作ったりしながら、最終的に家に帰る道を探すことになるようだ。街はかなり日本を感じさせる環境となっており、和風の建物や自動販売機、コンビニ、八百屋、祠、日本語(風)看板などがみられる。ちなみに本作を手がけているのは、アメリカを拠点にする開発者たちである。


子ネコとして街を探索するなかでは、ほかのネコやイヌ、カラスなどの動物と出会うことがあり、会話することができる。そうした会話を通じて友達になっていくのだろう。トレイラーでは、魚などをくわえて運ぶ様子がみられ、動物たちは何らかのクエストを与えてくれる存在でもある可能性がありそうだ。また、小鳥に飛びかかって捕まえるシーンもある。なお魚については、くわえるだけでなく食べることも可能。空腹度の要素があるのかもしれない。

小さなバネなどのアイテムを入手し、獲得数がカウントされるシーンもある。これらはおそらく収集要素で、街にはこうした収集アイテムが点在しているのだろう。子ネコは、壁を這うツタをよじ登れば家のベランダや屋根に上がることもでき、アイテムはそうして登った先にもある模様。探索可能範囲はかなり広そうである。

子ネコらしく、さまざまなイタズラをすることもゲームプレイのひとつとなる。トレイラーやスクリーンショットでは、塀の上の鉢植えを落として割ったり、ペンキを踏んで足跡をつけまくったり、八百屋の段ボール箱に飛び込んだり、コインランドリーの洗濯物の上で寝たり。街には人間もおり、場所によってはつまみ出されてしまうこともあるようだ。

*今年6月に公開されたゲームプレイ映像。


このほか、子ネコが被りものを身につけている場面もある。本作には、ユニークでカワイイ被り物や帽子がさまざま用意されているそうで、そうしたアイテムを何らかの方法で集めていくことも、目的のひとつとなるのだろう。

『Little Kitty, Big City』は、PC(Steam)およびコンソール向けに2022年配信予定だ。ちなみに、Steamのストアページには「ネコには締め切りなんてないよ」と記載されている。また、本作は日本語表示にも対応予定とのこと。


*開発者の飼いネコであるMarioとRoxy。本作の開発を大いにサポートしてくれているとのことで、本作でのいかにもネコらしい仕草の参考にされているようだ。




※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る