デザイナーの小野浩氏が逝去。『ゼビウス』などのドットを手がけた「ドット絵の神様」

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

チームドットマンは10月18日、デザイナーの小野浩氏が10月16日に逝去していたことを公表した。享年64歳。同氏は先ごろ、「自己免疫性肝炎の疑い」で入院闘病中だった。同氏の半生を追う、有志によるドキュメンタリー映画制作のクラウドファンディングを立ち上げた矢先のことだった。


小野浩は1979年当時のナムコに入社し、『ゼビウス』『ディグダグ』など、数多くの作品のドット絵を手がけたデザイナーだ。2013年にはバンダイナムコエンターテインメントを退職しフリーランスへ。2016年にはドットアート&プロダクトブランド「Mr.ドットマン」を展開して精力的に活動していた。名だたる数々の作品をドット絵で彩った同氏は、ファンからの「ドット絵の神様」の呼び声も高い。

Image Credit: バンダイナムコエンターテインメント


そして、今年10月11日からは、ファン有志団体「チームドットマン」による映画制作および小野氏への支援金を募るクラウドファンディングが進行中だった。ドキュメンタリー映画「入魂 NEW/CONTINUE」は小野氏の再帰をかけた半生を追う作品として構想されていた。チームドットマンの発表によれば、プロジェクトの今後については現在チームメンバーと話し合いの最中であり、追って支援者に報告するという。

小野氏はひとつのドットに魂を込める「一点入魂」をモットーとし、ドットを“撃つ”と表現していた。日本のビデオゲーム黎明期を支えた同氏のアートは、今後も色褪せることはないだろう。また、突然の訃報を受け、SNS上では同氏の逝去を惜しむ言葉が投稿されている。『鉄拳』シリーズプロデューサーの原田勝弘氏など、多くのファン・業界関係者が小野氏へ哀悼の意を表している。





※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

貪欲な雑食ゲーマーです。物語性の強いゲームを与えると喜びますが、シューターとハクスラも反復横とびしています。