Nintendo Switchの4K対応開発機がメーカーに提供されているとの報道。しかし任天堂は公に否定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

任天堂は9月30日、Twitterの企業広報Twitterアカウントにて、4K解像度対応のNintendo Switch開発機をメーカーに提供しているとの報道を否定した。あわせて、現時点ではNintendo Switch(有機ELモデル)以外に、新たなモデルの計画はないと強調している。


発端となったのは、経済誌Bloombergの報道だろう。同誌は望月崇氏とOlga Kharif氏の共著にて、4K解像度対応のNintendo Switch開発機がメーカーに提供されていると報道。ゲーム会社11社の社員ら証言をもとに、任天堂がNintendo Switchの4K対応を進めていると報じている。あわせて、有機ELモデルは当初は4K対応予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により部品不足が発生し、現在の有機ELモデルへと変更されたとも記述している(Bloomberg)。

Bloombergは今回の内容について複数の質問を任天堂に送ったが、どの箇所かの言及はないものの「お問い合わせいただいた内容は、事実ではありません」と回答したという。似た声明が、Twitterを介して公式に出されたわけだ。

Bloombergはこれまでにも、Nintendo Switchに関する内部情報に関連した報道をしてきた。新型モデルについても報道してきたほか、有機ELモデルは既存のNintendo Switchよりも収益性が高いといった報道もしており、後者は任天堂が企業広報Twitterアカウントにより公に否定していた(関連記事)。

任天堂は今回の件について、「当社が4K対応のNintendo Switchソフトの開発を推進し、そのための開発機材を提供しているかのような趣旨の記事が掲載されましたが、この記事の内容は事実ではありません」としている。現時点ではNintendo Switchの既存モデルや有機ELモデルに注力しているのだろう。

Nintendo Switch(有機ELモデル)は、10月8日に発売予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る