えっちなドットアクションRPG『箱庭えくすぷろーらもあ』Nintendo Switch版6月18日配信へ。奇妙なシステムを搭載した、遊び心溢れる冒険

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

弊社アクティブゲーミングメディアのインディーゲームブランドPLAYISMは6月6日、『箱庭えくすぷろーらもあ』のNintendo Switch版を発表した。発売日は6月18日で、価格は税込1200円。6月7日0時から、あらかじめダウンロードが開始予定となっている。なお、本情報は「Indie Live Expo 2020」内にて発表された。


『箱庭えくすぷろーらもあ』は、老若男女にいたずらできるシステムを搭載した、遊び心のあるドットアクションRPGである。本作の主人公は、住所不定の冒険者いくす(男主人公)あるいはろろ(女主人公)。高齢化による労働力不足に悩む町ハジメタウンの無料宿泊所で寝泊まりしていた主人公は、いい加減働いてほしいという村人からモンスター討伐の依頼を受け、町の外へ出発。スライムなどの定番モンスターや、さきゅばすを始めとした多数の女性型モンスターが町の外には待っており、戦いながら自由にファンタジー世界を冒険していく。

スポンサーリンク


箱庭の世界は、大きなワールドマップと小さなステージで構成されている。ステージ内ではモンスターたちが襲ってくるので、移動やジャンプで攻撃を避けつつ、攻撃を繰り出して敵を撃退。経験値を獲得してレベルアップしたり、装備品を含めたアイテムを手に入れて元無職の主人公を強化しながら、次々にステージを攻略する。主人公には攻撃などで消費するAPが設定されており、APが切れると一定時間動けなくなってしまうほか、女性型モンスターに寝技をかけられたり、ボスの足の間に挟まれて身動きできなくなることもある。身体の一部が強調されたグラフィックも含め、こうしたちょっとえっちな要素も本作の特徴だが、ゲーム的にはピンチなので、なるべく避けつつ立ち回ろう。

また本作には、剣/斧/鎌/弓などの武器、武器や防具の耐久値回復用アイテム、さまざまな回復アイテム、攻撃用の消費アイテムなど、多様なアイテムが存在する。一方アイテムの所持数には限度があり、取捨選択を迫られることもあるものの、敵からのドロップ率が高く次々にアイテムが手に入るため、豪快にアイテムを消費できるわけだ。雪に閉ざされた凍てつく大地、海に囲まれた南国地域、溶岩の吹き出す火山地帯など、ドットで表現されたさまざまなロケーションがあり、それぞれ違った敵が出現する。


新しいステージへ進むためには、ステージを攻略したり、町の人からの情報を得ることがカギになるが、人に話かけるにはちょっとしたコツが必要だ。具体的には、話しかけられる角度が正面に限定されている。側面や背面から近づくと、なぜか主人公は相手のお尻を触ってしまい、情報収集にならないからだ。この奇妙なシステムは老若男女問わず適用されており、主人公を何かと助けてくれるすく水の女の子や、少女から老いた男性まで、ほとんどの住人にいたずらできる。

お尻を触ったり、なんとなく頭の上に立ったりすると、律儀にリアクションを返してくれるが、やりすぎると相手を怒らせてしまい、町の人から嫌われてしまう。また悪いすく水が登場するイベントや、事案になってしまうイベントなども搭載。隠し部屋や隠しアイテムもあり、ちょっとえっちな要素があるだけでなく、遊び心やプレイヤーへのサービス精神に溢れていることが、本作の魅力だろう。

スポンサーリンク


本作を開発したのは、個人開発者のすき氏だ。2016年に、HSPを使用したフリーゲーム『箱庭えくすぷろーら』が公開。2018年にローグライク風の仕組みを採用したダンジョンや、主人公の性別、便利なシステムなどを追加した製品版『箱庭えくすぷろーらもあ』をSteamにて配信。Nintendo Switch版は製品版からの移植となる。本作には、ドットで表現された可愛い女の子が多数登場するが、彼女たちにはすき氏の趣味も反映されており、こだわりが感じられる出来栄えとなっている。なおSteam版配信時に、バナー素材がえっちすぎるためValveに怒られたというエピソードが語られたインタビューが弊誌にて掲載されている。

また本作のサウンドは、吉松たつゆき氏が担当。世界観にマッチした非常に丁寧な旋律が、不思議でゆるい本作の冒険を盛り上げてくれる。Nintendo Switch版『箱庭えくすぷろーらもあ』は、6月18日にニンテンドーeショップにて、税込1200円で配信予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog