『グランブルファンタジー ヴァーサス』ゾーイの追加が発表。ワイバーンと連携し、立体的に戦うテクニカルキャラクター

Cygamesは3月8日、『グランブルーファンタジー ヴァーサス』の新たなプレイアブルキャラクター「ゾーイ」を発表した。ゾーイは、キャラクターパス1の対象として配信される5体目のキャラクターで、4月下旬の配信が予定されている。生放送「6周年直前生放送!グラブルアニバーサリー スペシャル」内にて発表された。

スポンサーリンク

「6周年直前生放送!グラブルアニバーサリー スペシャル」内では、『グランブルーファンタジー ヴァーサス』でディレクターを務める福原哲也氏が登場。キャラクターパス1の参戦キャラクターを順に紹介する動画の最後で、新プレイアブルキャラクターとしてゾーイが発表された。

福原哲也氏によると、ゾーイはテクニカルな操作寄りの立体的に戦うキャラクターとのこと。ゾーイ専用のワイバーンゲージを使い、ワイバーンのリィに命令して連携攻撃を仕掛けることが可能。アビリティとしては、スピンラッシュという上下段の派生技を持つものをもっているという。また、原作『グランブルファンタジー』のゾーイが所持するHPが1になる代わりに1ターンの間被ダメージを無効化するアビリティ「コンジャクション」については、RPGモード用として用意されているそうだ。

スポンサーリンク

ゾーイのDLCを購入した場合には、『グランブルファンタジー』連動報酬シリアルコードにより、『グランブルファンタジー』で使えるゾーイの専用スキンが付属。また、4月上旬には新ステージとして「ルーマシー群島」が配信され、こちらにはロゼッタおよびユグドラシルのロビーアバターが付属する。そのほか、放送内で公開された動画では、4月上旬に追加予定のもう1人の主人公、ジータも登場。グランが腕を伸ばすのに対し、足を振り上げるシーンが公開された。Cygames Magazineの福原哲也氏へのインタビュー内で触れられていたとおり、剣で戦いつつ、格闘技ではハイキックなどを使うキャラクターになっているのだろう。なお、次のトレイラーの公開は、3月24日の予定となっている。

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』は、Cygamesが企画・制作、アークシステムワークスが開発を担当している2D対戦格闘ゲーム。CygamesのRPG『グランブルファンタジー』を原作に、同作のキャラクターたちが登場し、アクションRPG風に遊べるモードも搭載したアクションゲームだ。現在販売中のPlayStation 4版にくわえて、3月14日にはSteam版が全世界に向けて発売予定となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog