サイバーパンク配達ゲーム『Cloudpunk』日本語対応で4月23日発売へ。運送会社の配達員として、空飛ぶ車でネオンの街を駆け巡る

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ドイツ・ベルリンの開発スタジオION LANDSは、サイバーパンク配達アドベンチャーゲーム『Cloudpunk』を4月23日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、日本語に対応予定。PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchでの発売を予定しており、海外での発売予定時期は2020年末だという。編集部は、パブリッシャーであるMerge Gamesにコンソール版の国内発売について問い合わせ中だ。

『Cloudpunk』は、ストーリーに重きを置いた探索アドベンチャーゲーム。プレイヤーはサイバーパンクな街で運送会社の配達員として、さまざまな依頼をこなしていく。仕事中に出会う奇妙な住人たちと交流していくことで、ストーリーが進むようだ。配達業務を通して、世界に潜む陰謀やハッカーの企み、不正をはたらく人工知能の秘密を解き明かしていくのが本作の目的だ。

ネオンきらめく夜の街ニヴァリス。雲が太陽を覆い尽くし、雨がしとしとと降り続くこの街では、アンドロイド、人工知能、良心的な人間やそうでない人までさまざまなひとびとが暮らしている。主人公であるラニアは、この街の怪しげな運送会社Cloudpunkの配達員として働き始める。初めての依頼を受け、課せられたルールは2つ。「必ず荷物を届けること」と「荷物の中身を知ろうとしないこと」だ。

プレイヤーは主人公ラニアとして、配達依頼をこなしながらニヴァリスを探索していく。フィールドはオープンワールドとなっており、どこから探索してもよい。移動には空飛ぶ車を使ってもよいし、徒歩も可能だ。下は古代の暗い大地から、上は人工物にあふれた空の街まで垂直に大きく広がる世界を自由に冒険することができる。また、トレイラーでは、空飛ぶ車のパーツを購入しているような様子も見受けられる。もしかすると、マイカーを自分好みのスタイルにカスタマイズできるのかもしれない。

暗闇に光るギラギラのネオンの街が魅力的なグラフィックは、「ボクセル」と呼ばれる小さな立方体をベースにして制作されたという。キャラクターなどの細部から複雑で巨大な建物、街の下に漂う雲にいたるまで、よく見ると小さなキューブで構成されており、ボクセルならではの不思議な魅力が感じられる。なお、ほとんどの配達クエストには時間制限がないそうなので、プレイしながら美しいグラフィックを存分に堪能することができそうだ。ただし、中には時間制限の厳しいクエストもあるようなので要注意を。

『Cloudpunk』は4月23日にPC(Steam)にて発売。日本語に対応予定。海外でのPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch版の発売予定時期は2020年末だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る