『あつまれ どうぶつの森』海外イベントで明らかになった新情報まとめ。デイリーシステムやカメラアングル切り替え機能も判明

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

任天堂は、アメリカ・ボストンで2月27日から3月1日(現地時間)に開催中のPAX East 2020にて、『あつまれ どうぶつの森』のブース出展を展開している。数多くの海外メディアがブースを訪れ、本作の新たな一面が発見されつつある。本稿では、ブース内のプレイアブルデモで明らかになった新情報について紹介していく。

Image Credit : GameXplain / 任天堂

システム面では、カメラアングルの切り替え機能が明らかになっている。既出のカメラアングルとは別に、過去作の視点に近いトップダウンビューが用意されており、プレイ中に右スティックを押し込むことで自由に切り替えができるようだ。また、ゲーム内のスマホ機能である「たぬきマイレージ」では、機能がアップグレードされていくと交換できるアイテムが増えるほか、花を育てたり、木材や果物を集めたりと、毎日簡単な目標をこなすことでたぬきマイルが貯まっていく、過去作の「くらしサポート」にも似たデイリーシステムが搭載されている。課題を全てこなしてしまい、マイルが枯渇するという心配はなさそうだ。さらに、スマホ機能の「マップ」では、住民や施設の表示アイコンを選択すると位置が明確に表示されるほか、ミニマップの表示・非表示の切り替えも可能。そのほか、キャラメイクシステムでは、性別によらず、ポニーテールなどの髪型が選択でき、フェイスペイントにはカスタムデザインも存在するようだ。

Image Credit : GameXplain / 任天堂

施設関連では、リニューアルされた案内所で暮らす、たぬきちとしずえの様子が確認できた。自身のデスクや施設内の棚をはたきで掃除したり、霧吹きで花に水をあげて香りを嗅いだり、プレイヤーがクラフトに成功すると一緒に喜んでくれたりと、過去作よりも暮らしの様子が豊かに表現されている。また、博物館の内部は、昆虫・魚などがさまざまなエリアに区分けして展示され、より広大な施設になっている。ちなみに、展示されたバージョンでは、博物館を開放するためには、15個以上の展示品が必要となるようだ。そのほか、仕立て屋さんの試着室で着替えるたび、さまざまな可愛いポーズを決めてくれる。このような細かな演出も本作の魅力だろう。

Image Credit : @Pelikuni / 任天堂

家具・アイテム関連では、過去作でも登場したメッセージボトルが存在し、ボトルからはクラフトレシピが入手可能。また、たぬきマイレージの交換アイテムとして、スマホケースや案内板が登場している。そのほかにも、オレンジの時計やスポーツカー風のベッドなどの新しい家具や、たまごの殻などの帽子、新種の魚やカメも存在するようだ。

以上、さまざまな新情報が明らかになった『あつまれ どうぶつの森』のプレイアブルデモ。ブース内では、4人協力プレイで本作を試遊できるほか、舞台となる無人島をモチーフにした豪華なスペースが設営されている。ブースにはしずえやたぬきち、とたけけも駆けつけており、小道具で釣りをしていたり、来場者と一緒に写真を撮る場面も。会場を訪れたDiscordのコミュニティマネージャーであるMallory Loar氏が、感動のあまり涙を流してしまうなど、試遊以外でも大いに盛り上がっているようだ。

いよいよ発売が迫り、注目を浴びる『あつまれ どうぶつの森』。2月28日には新たなCMを公開。新色を含むNintendo Switch Liteにスポットを当て、より繊細になったマイデザインでエールを送る、女学生たちの仲睦まじい光景が切り取られている。ちなみにCM公開前、マイデザインのシーンにて、実機画面が何故か手首にはみ出てしまっている別映像が公開される、ちょっと不思議なトラブルもあったようだ。

そんな『あつまれ どうぶつの森』は、Nintendo Switch向けに2020年3月20日に発売予定。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog