SNKが「不知火舞」生誕を祝う期間限定ショップ開催へ。その名も“全年齢対象!『-不知火舞-展』”

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

SNKは12月18日、不知火舞の生誕を祝うポップアップショップを期間限定で開催すると発表した。イベント名は“全年齢対象!『-不知火舞-展』”。全年齢という文言を含めてのイベント名である。2019年12月26日より2020日1月6日にかけて、THE AKIHABARA CONTAiNERにて開催され、現地ではSNK人気キャラクター・不知火舞の限定グッズなどが販売される。

グッズとしては、着るのにはちょっと勇気がいりそうなセクシー「イベント限定ロムティ」税別5000円や、とにかく大量の不知火舞が扇子に描かれている「不知火舞千差万別扇子」税別1980円、飾り場所に困りそうな「Falcoon描き下ろし不知火舞B2ポスター」税別1800円など。そのほかにもSNKキャラが登場するグッズが販売されているが、やはり不知火舞グッズが大量に売られていることが特徴といえる。

イベント期間中に会計税込6000円以上購入したユーザーを対象に、イラストの自己主張が強い「不知火米(1合)」が1袋プレゼントされ、1月1日の不知火舞誕生日に1会計税込1万円以上購入したユーザーには、白黒の控えめな不知火舞のイラストが特徴の「不知火舞イベント限定トートバッグ」がプレゼントされる。詳細はこちら

不知火舞といえば、今年になり意外な形で脚光を浴びている。先日『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にて追加ファイターのテリー・ボガードが実装された際、新ステージKOFスタジアムが登場。数多くのSNKキャラが登場していたわけだが、その中に不知火舞の姿はなかった。ディレクターである桜井政博氏は、自ら不知火舞の不在にふれ、「『スマブラSP』は良い子のCERO Aなので、出すことができませんでした。お許しください。」とコメント。不知火舞は全年齢対象ではなく、『スマブラSP』に出すことができないと正直な事情を吐露したことにより、ファンの笑いを誘っていた。

この件については、コーエーテクモゲームスのTeam NINJA公式アカウントは、電ファミニコゲーマーのニュースツイートを引用RTし、「そんな不知火舞さんをプレアブルで楽しめる格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE 6』(CERO D区分)」とジョーク。「オトナの世界へようこそ。。。」と付け加えていた。ハムスター公式アカウントもまた同じく便乗し、「そんな不知火舞さんを『アケアカNEOGEO』シリーズは、プレイアブルで楽しめます。(CERO B、C区分)」と宣伝。ファンもまたステージ作成機能によって“全年齢対象向け不知火舞”と名付けた、不知火舞デザインのステージを作り出しており、各所からいじられていた(関連記事)。

当のSNKは、この騒動に公式には大きく反応していなかったが、この度「全年齢対象!『-不知火舞-展』」と名付けられたイベントを開催することからも、同社のスタンスが垣間見えるだろう。ちなみに昔の作品では、不知火舞の誕生日は1974年1月1日であるとされている。近年では、公式に不知火舞の生誕祭などは開かれたことはなかった。「全年齢対象」を冠したイベントで、突如として46歳の誕生日を祝われることになった不知火舞本人の心境はいかに。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る