『Hand Simulator: Survival』Steamストアページ公開、12月14日発売へ。ぎこちなさすぎる手シム『Hand Simulator』まさかの新作

インディーゲーム開発チームHFM Gamesは、『Hand Simulator: Survival』のSteamストアページを公開した。『Hand Simulator: Survival』は、異様なゲームプレイと見た目のシュールさから、一部のSteamユーザーの間でカルト的な人気を誇るシミュレーター『Hand Simulator』の新作だ。ストアページによれば、発売日は12月14日。前作同様オンラインマルチプレイにも対応している。

スポンサーリンク

『Hand Simulator: Survival』は、無人島を舞台にした『Hand Simulator』の新作。物を掴むことにすら一手間かかる不器用な男たちは、気づけば無人島にいたようでサバイバル生活を送ることに。島の中を探索し、枯れ木を集めて火を起こしたり、真水を確保したり、狩猟によって食料を獲得したりしながら島で生き抜いていく。

トレイラーでは、手を使って慎重に地面に落ちているものを拾おうとする姿や、石を打ち付けて竹を確保したり、資源を組み合わせて住居を作っている様子が確認できる。木の実を食べているシーンや、ヘビや野生の鳥、肉食獣らしき動物の姿も映っており、割と本格的なサバイバル生活が待ち受けていそうだ。プレイヤー人数は6人まで。ストアページによると、『Hand Simulator: Survival』には最新のハンドコントローラーが搭載されており、素早く走ったり、ジャンプしたりなど世界との対話ができ、手慣れた器用なプレイヤーだけが生き残れるという。

また、前作『Hand Simulator』は、その名が示すように手を操作するシミュレーターである。キーボードのAに小指、Sに薬指など、各指の操作に個別のキーが割り振られており、押すと指が曲げられる。手首や腕の操作も可能で、指単位で手を操作して物を掴んだり、中指を立てたり出来るのだが、率直に言って本作で手を自在に操るのは難しい。手は意識せずとも操れるもの。キーボードを叩いたり、マウスをクリックしたり、日常の何気ない動作に筋肉を動かすイメージから入る者はそういないだろう。普段雰囲気で扱っている指や手首の動きを、キーを介して意識的に行うのだから、操作性の悪さも相まって慣れないうちはまともに物を掴むことすら困難だ。

前作『Hand Simulator』の画像

前作のゲームモードはシングルプレイヤー用の「ホラー」「乳搾り」「射撃練習場」などに加えて、マルチプレイヤー用の「釣り」や西部劇風の酒場で唐突に撃ち合う「WILD WEST」、荒野で早打ち勝負をする「GUN FIGHTER」、協力して爆弾解体に挑む「BOMB」など多数のミニゲームが用意されている。これらのミニゲームに手を操作して挑むのだから当然一筋縄ではいかない。対戦相手と睨み合いながらテーブルの上に置かれた銃に手を伸ばし、銃弾を込めようとして地面に落としたり、撃鉄を起こそうとして地面に落としたりなど、まともな勝負になることはまれで、お互い物を掴むのに苦労して最終的に中指を立て合う光景もしばしばだ。そうした異様なゲーム内容と安さ、シュールな光景がゲーマーの心を掴み、高評価を得たのが『Hand Simulator』となる。なお、精力的なアップデートが続けられており、10月には新しいゲームモード「Drag Racing」が追加されている。

前作『Hand Simulator』の画像

本作を開発したHFM Gamesは、『Hand Simulator』シリーズを含めSteamにて低価格でかなり癖のある作品を販売しているチーム。ハゲ頭の男がカートに乗ってゴールを目指す『Cart Racer』など、出落ち感強めのちょっと笑えるタイトルが並んでいる。また、前作『Hand Simulator』はオータムセールの対象となっており、12月4日までの期間中は65%オフの69円で購入できる。友人と小一時間笑い合いながら遊ぶゲームを探している方や、手の扱いに自信のあるプレイヤーは、手の操作に挑戦してみるのも良いかもしれない。

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog