『PAYDAY 2』大型アップデート「SILK ROAD」&米国・メキシコ間の国境を舞台にする新DLCの詳細発表。11月7日配信へ

Starbreeze/OVERKILL Softwareは11月7日、4人協力プレイ対応クライムFPS『PAYDAY 2』向けの大型アップデート「SILK ROAD」および新DLCの情報を公開した。日本時間の本日夜にSteamにて配信する。

無料アップデート「SILK ROAD」では、まずキャラクターカスタマイズシステムを刷新。マスクだけでなく、衣装も(アーマー選択と同じ画面にて)変更可能になる。そして、Tactical BDU・Raincoat・Scrubs・Winter Camo Parka・Tuxedo・Murkywater Uniformの6種類の衣装が無料で提供され、ゲーム内でアンロック可能だ。また、基本的なUIやメニューもオーバーホールされており、効率的かつ簡単にコンテンツにアクセスできるよう整理されているとのこと。

スポンサーリンク

上述のキャラクターカスタマイズシステムの刷新に合わせて、DLC「Tailor Pack 1」も配信する。こちらは有料で、価格は2.99ドル。The Showman・The Casual Formal・The Sunny Rico・The Classicの4種類の衣装が収録されており、それぞれ5種類のカラーバリエーションが用意される。本稿のヘッダー画像や、上の画像のキャラクターらが着ている衣装が、このDLCのものである。

また、武器MOD用のDLC「Cartel Optics Mod Pack」も、2.99ドルにて販売予定。これにはピストル専用を含む5種類のサイトと2種類の照準器ガジェット、さらにグリップやマズルブレーキ、コンペンセイターが各1種類収録される。後述するように、今回追加されるコンテンツにて主人公のPayday Gangたちはメキシコを訪れる。その現地の犯罪組織は優れた武器を確保しており、このDLCではPayday Gangのそうした武器へのアクセスを表現しているとのこと。

そして、先日より予告されていたDLC「Border Crossing Heist」も同時配信予定だ。価格は6.99ドル。これに収録されるストーリーJob「Border Crossing」では、(昨年配信されたイベントの)Hell’s Islandでの仕事に備えていたPayday Gangが、MurkywaterとDentistが大量の金と違法な物品を、秘密のトンネルを使いアメリカからメキシコへと国境を超え移送しようとしているという情報を掴む。そこでPayday Gangはチームを分割し、その国境での移送作戦の襲撃を決断する。本DLCは、ステルス・Loudどちらでもプレイ可能で、国境沿いのアメリカ側とメキシコ側の2か所のロケーションが用意される。

また、小規模なJob「Border Crystal」も収録予定。こちらは「Border Crossing」の後半パートと同じメキシコ側のロケーションが舞台となるが、シナリオはまた異なる内容だという。この地域に侵入したPayday Gangは、メキシコの犯罪組織のウェーブ制の攻撃に立ち向かう。それと同時に、(自らの年金を確保するために)覚醒剤メタンフェタミンを可能な限り製造することが求められるとのことだ。なお、これらの有料DLCは「Border Crossing bundle」としてまとめて購入可能で、その場合の価格は9.99ドルである。

現在経営再建中にあるStarbreezeは、『PAYDAY』シリーズを中心としたゲーム開発に集中することで起死回生を図っている。『PAYDAY 2』は2018年末に開発終了していたが、依然として同社の売り上げの8割以上を占める主力タイトルであることもあり、今年10月に開発を再開(関連記事)。そして早速、今回の大型アップデート「SILK ROAD」および「Border Crossing Heist」などのDLCをSteam向けにリリースする運びとなった。

本作のSteam版には、(かつて無料配布が実施されたこともあり)累計620万人以上のプレイヤーが存在し、同時接続プレイヤー数は今も1〜2万人台をキープするなど一定の人気を保っている。来年2020年には、現在開発中のシリーズ最新作『PAYDAY 3』の販売パートナー探しをおこなう予定とのこと。開発再開した『PAYDAY 2』にてさらに多くのプレイヤーを集め、Starbreezeの経営をふたたび軌道に乗せることができるのかどうか、まずは今回のアップデートとDLC販売が試金石となりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog