EAがSteamに再参入、第1弾は『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』。今後も『Apex Legends』『Battlefield V』などを予定

Electronic Artsは10月29日、Valveと提携し、EA作品をSteamにてリリースすると発表した。第1弾タイトルは、11月15日発売予定の『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』。本日からSteamストアを公開し、予約受付を開始している。価格は通常版が8500円。クリムゾンカラーのBD-1スキンやデジタルアートブックなどを収録する「Deluxe Edition」は9500円となる。また、予約特典としてオレンジ色のライトセーバーなどがプレゼントされる。

スポンサーリンク

EAは、かつてはSteamにてPCゲームをリリースしていたが、自社ストアであるOriginを立ち上げてからはそちらへの移行を進め、現在では自社タイトルはOrigin独占販売となっていた。しかし先日から、EAがSteamに再参入することを示唆する情報が発掘され(関連記事)、その後EAはマグカップから湯気(Steam)の立ち上る動画をSNSに投稿。正式発表は間近と見られていた。

今回の発表の中では、冒頭で述べたように『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』のSteamでの発売が決定。さらに、今後数か月の間に『The Sims 4』や『Unravel Two』などの大型タイトルを、また来年からは『Apex Legends』や『Battlefield V』『FIFA 20』なども配信するとのこと。そして、こうしたマルチプレイ対応タイトルでは、Steam版とOrigin版のプレイヤーが一緒にプレイできるクロスプラットフォームプレイに対応する。
【2019/10/30 10:00】タイトルラインナップを修正。

さらに、EAのサブスクリプションサービスである「EA Access」もSteamにて来春から展開するという。EA Accessは、Steamにおけるサブスクリプションサービスとしては史上初、そしてEAとしてはOrigin/PS4/Xbox Oneに続く第4のプラットフォームとなる。EA Access会員になると、The Vaultと呼ばれるゲームラインナップの作品がプレイし放題となり、ゲーム本編やDLCの割引などの会員特典を利用できる。今回のEAとValveの提携については、今後も続報があるとのことだ。

【UPDATE 2019/10/30 10:00】
Respawn EntertainmentのソフトウェアエンジニアMichael Kalas氏が、Steam版『Apex Legends』はOriginクライアントを起動することなく、Steamから直接プレイできることをRedditにて明らかにしている。たとえばUbisoftのSteam向けゲームをプレイする場合、同社のUplayクライアントも起動し連携する形になっているが、EAではそうした対応はおこなわないようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog