『ポケットモンスター ソード・シールド』の新ポニータ(ガラルのすがた)お披露目。エスパータイプで新特性を持つゆめかわポニータ

株式会社ポケモンは10月9日、『ポケットモンスター ソード・シールド』の新情報を公開。その中で、ポニータ(ガラルのすがた)の存在を明らかにした。先日放映されたポケモンライブカメラで映し出され大きな話題を呼んだ、新たな姿をしたポニータ。どうやらガラル地方にて独自の進化を遂げたポケモンであったようだ。

スポンサーリンク

ポニータ(ガラルのすがた)は『ポケットモンスターシールド』に登場するポケモン。もともとのタイプはほのおだったが、この形態でのタイプはエスパー。巷ではフェアリーではないかと囁かれていたが、エスパータイプにあたるようだ。特性は既存の「にげあし」に加えて、パステルベールが追加される。新特性「パステルベール」は、自分や味方がどく状態になることを防ぐことができるという。さらに、戦闘に出した時に、味方をどく状態から回復してくれる効果も持っている。

ポニータ(ガラルのすがた)は、ガラル地方のある森に、古くから生息しているといい、森に満ち溢れる生命エネルギーを何世代にもわたり浴び続けた結果、この地方独自の姿に変化したと伝えられている。またポニータ(ガラルのすがた)は、空気中の生命エネルギーを吸い込み、たてがみに蓄えることが可能。エネルギーが満ちているほど、たてがみは色鮮やかになり、キラキラとした輝きを放つという。

パステルのたてがみを引っさげて、新たな舞台に登場するポニータ。あのポニータが、エスパータイプとして導入されるというのは、ほかのリージョンフォームと同様に意外性に満ちている。ガラル地方のリージョンフォームとしては、すでにジグザグマがあく・ノーマルに変化した姿として紹介されているほか、マタドガスに関しては、謎の煙突を生やし、タイプがどく・フェアリーとなることが明らかになっている(関連記事)。ポニータが『シールド』のみ登場するということは、ソードでは異なるポケモンが収録されそうだ。もしくは、『ソード』限定のネギガナイトに対応する存在なのかもしれない。新ポケモンの紹介だけでなく、旧ポケモンのリージョンフォームによる変身も、新作のひとつの楽しみになりそうだ。

 

© 2019 Nintendo ©2019 Pokémon. ©1995
2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの商標です。
Nintendo Switch のロゴ・ Nintendo Switch は任天堂の商標です。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog