犬が飼い主を放ち撃つアクション『PLAY DOG PLAY』Steamにて早期アクセス開始。飼い主を飛び道具にして街を破壊しろ

ニューロンエイジの社内インディー開発チームProject Pegasusは9月6日、PC用アクションゲーム『PLAY DOG PLAY TAG』の早期アクセスをSteamにて開始した。価格は520円。現在は英語のみに対応しているが、特にストーリーのテキストなどが表示されるわけではない為、問題なくプレイできる。なお、9月12日から9月15日の期間で開催される「東京ゲームショウ2019」内のインディーゲームコーナー10-E34ニューロンエイジブースにて、本作のプレイアブル展示が予定されている。

『PLAY DOG PLAY TAG』は、犬が飼い主を放ってホネを取り戻すアクションゲームだ。舞台となるのは、犬たちが飼い主と共に暮らすとある街。ある日のこと、犬たちの大好物であるホネが、泥棒であるタヌキによって盗まされてしまった。プレイヤーは犬を操作し、飼い主をチャージして撃ち出し、タヌキから取り戻すことになる。犬は、ダッシュ/ジャンプ/チャージ&ショットの3種類に加えて、地面を凍らせる「Ice Rink」や飼い主に当たった相手を燃やす「Fire Ball」などの特殊なアビリティが使用可能。全部で8種類あるアビリティは、建物を破壊した際に出現する特殊な能力を持った人間を取得することで、使い捨て感覚で使用できるようになる。アビリティはそれなりに強力なので、ホネの為には積極的に街を破壊し、暴虐の限りを尽くそう。

早期アクセス版には、4人までのローカルマルチプレイに対応するバトルモードのみが収録。ステージは1種類のみで、市街地を舞台に分割された画面で泥棒からホネを取り戻しつつ、シマの覇権を賭けて他の犬と壮絶なホネの奪い合いを繰り広げる。3人のAIを相手に遊んでみたところ、混沌とした画面の状況もさることながら、互いに飼い主をぶつけ合いホネを取り合う展開になると操作が忙しい。3段階の強さで撃ち分けられる飼い主の扱いや、チャージ中は足が止まってしまうことへの気配りなど、対人戦なら意外と熱い勝負になりそうた。

Steamのストアページによれば、早期アクセスの期間は約12ヶ月。プレイ可能な犬の種類を増やしたり、新たなステージの追加などが予定されており、2020年のリリースを目標に開発が進められているそうだ。フィードバックによってプレイ体験の向上を目指しており、Steamのコミュニティフォームを通じた意見や感想が募集中となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog