Nintendo Switch向け『リトルタウンヒーロー』10月17日発売へ。ディレクターは『ソリティ馬』の田谷氏、またToby Fox氏がほぼ全てのBGMを作曲

※画面は開発中のもの

ゲームフリークは9月5日、Nintendo Switch用ソフト『リトルタウンヒーロー』を10月17日に発売すると発表した。『リトルタウンヒーロー』は、『ポケットモンスター』シリーズのゲームフリークが贈る完全新作RPG。2018年9月放送の「Nintendo Direct 2018.9.14」にて、「TOWN(仮称)と発表されていたタイトルだ。ダウンロード専用タイトルとして、税込2700円で予約が開始されている。

『リトルタウンヒーロー』は、ヒラメキを力に変えるRPG。舞台となるのは、「村の外に出てはいけない」という約束がお城との間にある、小さいが平和な村。主人公のピッケルは、そんな村で暮らす赤毛の少年。村の外に出ることを禁じられているために、村の外への憧れを抱きつつも、村の中で平和に過ごしてきた。しかし、ある日村へ大きなマモノが襲来し、平穏な日々は終わりを告げる。主人公ピッケルは、マモノを倒す力を持つ「不思議な石」を手にマモノと対峙し、村の秘密に近づいていくという。ピッケルの幼馴染で、いつも無茶ばかりしているピッケルを叱るシプー。同じくピッケルの幼馴染で、ピッケルと共にいたずらばかりしているという親友ネズとも協力し、物語は進んでいく。

※画面は開発中のもの

本作の戦闘には、「ガチット」と呼ばれる「アイデア」をぶつけて戦うシステムが採用されている。詳細は不明だが、「アイデア」には数字と「しっかりガード」や「なげつける」など行動が設定されていて、敵の「アイデア」と同時にぶつけあうことで戦いが進行する頭脳戦となるようだ。マモノから村を守るためには、敵の状況や自分の「アイデア」把握し、ギミックを活用したり、村の中を移動して村人の助けを借りるなど、全ての要素を組み合わせることが重要になるという。

※画面は開発中のもの

前述のとおり、本作の開発はゲームフリークが手がけている。ディレクターは『ソリティ馬』でもディレクターを務めた田谷正夫氏。音楽は『ポケットモンスター』シリーズの楽曲を担当した佐藤仁美氏に加えて、『UNDERTALE』のToby Fox氏が制作に参加しており、Toby Fox氏が本作のほぼ全ての楽曲を作曲しているそうだ。なお、『リトルタウンヒーロー』の発売前日となる10月16日23時から、「ゲームフリークひみつきち」30周年記念生特番の配信が、ゲームフリークのYouTube及びTwitterで予定されている。番組では、『ポケットモンスター』シリーズなどを手がけてきた増田順一氏が、ゲームフリークに縁のある土地を巡りながら30年間を振り返る企画のほか、「ギアプロジェクト制度」の実態紹介や、『リトルタウンヒーロー』発売の瞬間を一緒に迎えられるそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog