『サイバーパンク2077』最新ゲームプレイ映像公開。新たな街の地区やギャング組織、プレイスタイルによるゲームプレイの変化を紹介

CD PROJEKT REDは8月31日、『サイバーパンク2077』の新たなゲームプレイ映像を公開した。「Deep Dive Video」と題されたこの映像では、新たな街の地区やそこで活動するギャング、そして本作にて体現できるプレイスタイルを中心に紹介し、また開発者による解説も別途公開されている。なお、映像にはメインストーリーの一部が含まれているため、ネタバレを好まない方は視聴に注意されたい。

スポンサーリンク

『サイバーパンク2077』の舞台となる街ナイトシティには合わせて6つの地区があり、今回の映像ではその内のひとつ「パシフィカ」と呼ばれる地区が披露されている。パシフィカは観光客に人気のスポットであり、またレアなアイテムや非合法のサイバーウェアが取引されている地区でもある。映像ではレア度エピックの上着を購入・装備する場面があり、プレイヤーキャラクターには体力のほかに、物理攻撃や熱・電気・薬品への耐性のステータスがあることが確認できる。

主人公Vのキャラクターカスタマイズについても紹介されている。キャラクター作成時には、ノマド・ストリートキッド・コーポレートのいずれかから前歴を選択。どれを選ぶかによって、ストーリー上重要な会話にて特別な選択肢がアンロックされるという。そして、キャラクターの見た目や各ステータスのエディットをおこなう。また、こうしたステータスとは別に「Street cred」と呼ばれる評判システムもあり、このポイントを貯めることでアクセスできるショップやサービス、また入手できるサイバーウェアが存在するとのこと。

キャラクターは特定のクラスに固定されるわけではなく、スキルツリーのようなシステムにて好みのPerkをアンロックしてプレイスタイルを確立させていく。たとえばAthletics(運動能力)の項目のPerkには、ほかのキャラクターを担いだまま走れるようになるものがある。また武器の種類に応じたPerkもあり、刀を駆使する“サイバーニンジャ”にもなれるとのこと。なお、武器は使い込むことで変化が生まれるそうで、たとえば特定の銃の扱いが上手くなるとクロスヘアが小さくなり、素早くリロードできるようになるそうだ。

パシフィカでは、世界経済の先行き不安により投資家が資金を引き上げたため、建設途中のまま残されたビルも多い。こうした場所ではギャング同士の衝突が続いており、ナイトシティの中でも特に危険な地域だという。その廃ビルのひとつグランドインペリアルモールでは、ギャング組織「アニマルズ」が占拠しており、彼らが普段手を出さないビジネスをここでおこなっているようだ。プレイヤーである主人公V(ヴィー)は、アニマルズの敵対組織である「ブードゥーボーイズ」からの信用を得るため、アニマルズの活動内容の調査に向かうことになる。

この地区には、自然災害から逃れてきたハイチ人が2060年代から移住し始めており、ブードゥーボーイズはそのコミュニティとの繋がりがあるギャングだという。また、ネットを駆使する「ネットランナー」たちで構成されていることも特徴だ。一方のアニマルズは、パシフィカでの違法物品の売買や、生きるか死ぬかの賭け試合を独占的に取り仕切っている組織。こちらは近接格闘に特化したインプラントを埋め込む屈強な身体を持っており、ブードゥーボーイズとは対照的だと言える。

ブードゥーボーイズから依頼を受けるV。彼らにとっては、Vの目を通してその行動を監視することはわけない
危険な地区では車やバイクで移動する方が安全。“サプライズ”な車両も用意しているという

今回の映像では、本作の中盤にてプレイできるクエストでの、「ストロング・ソロ」と「ネットランナー」という2種類のプレイスタイルが紹介されている。ストロング・ソロは、強靭な体を活かした直接的な攻撃や、正面突破していくようなプレイに向いている。強化された腕力により、タレットの銃を引っこ抜いて利用したり、閉じられた扉をこじ開けたり、また弱らせた敵を捕まえて盾にしたりといったパワープレイが可能だ。

映像では、同じストロング・ソロタイプと言えるアニマルズの女性リーダーであるサスカッチに正面から挑む様子が見られる。ただ、サスカッチは力技だけでなく、Vへのハッキングも駆使してくるようだ。また倒したあと、そのまま始末するか、許しを与えるかを選択できるという。

一方、ブードゥーボーイズと同じネットランナーでのプレイは、ハッキングを駆使したステルスプレイが可能となる。この世界ではあらゆるものがネットワークに繋がっているため、そうしたオブジェクトを操作したり、アクセスポイントに接続し目的に応じたコードを入力すると、監視カメラに侵入したり、ロボットを誤動作させたりといったことができる。また、ナノワイヤーと呼ばれる鞭のような武器を使うことで、敵のインプラントに直接接続してハックすることも可能だ。

*昨年8月に公開されたゲームプレイ映像

映像の終盤では、「ネットウォッチ」というもうひとつの組織の存在も明かされる。ネットウォッチは、ネット世界における旧来の秩序を守り、ブラックウォールと呼ばれる存在の向こう側から生まれた無秩序なAIから人々を守るために活動している。ただ、ブードゥーボーイズはこのAIとのコンタクトを確立してネット界での勢力を拡大させ、ネットウォッチより優位に立ちたいと望んでいる。ここでも組織間の対立が存在するわけだ。

プレイヤーはどの組織の側に立って行動するのか、リスクを勘案しながら選択することになり、その結果によって人々のVへの対応や関係性が変わってくるとのこと。これは、Vの頭に埋め込まれたチップによりコンパニオンキャラクターとしてその存在を感じることができる、キアヌ・リーヴス演じるジョニー・シルバーハンドも例外ではなく、プレイヤーの選択により味方にも敵にもなるという。

なお本作は、9月12日から開催される東京ゲームショウ2019にブース出展され、開発者による日本語吹替版の実機デモプレイが披露される予定となっている(関連記事)。『サイバーパンク2077』は、PC/PS4/Xbox One向けに2020年4月16日発売予定。GoogleのクラウドゲームサービスStadiaにも提供される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog