PvPvEシューター『The Cycle』基本プレイ無料で早期アクセス配信開始。開拓者となり、資源を集め、惑星から無事脱出せよ

ゲームスタジオYager Developmentは8月20日、マルチFPS『The Cycle』の早期アクセス配信をEpic Gameストアにて開始した。本作は基本無料タイトルであるため、早期アクセス参加に際し、別途料金を支払う必要は無い。また、エモートやスキンなど、キャラクターをカスタマイズできる課金アイテム及びアーリアクセス中の全サービスに参加できる権利を収録した「スカウトパック/980円」「エクスプローラーパック/3080円」「プロスペクターパック/6080円」の発売を開始している。なお、製品版の発売は今年9月を目標にしているとのこと。

スポンサーリンク

『The Cycle』はPvPvEを謳うマルチFPSゲーム。プレイヤーは開拓者として鉱脈あふれる惑星Fortuna IIIに降り立ち、天変地異が身に迫るまで20分間、資源を求め互いに奪い合う。より多くの資源を獲得しつつ、「特定のアイテムを一定数集める」など、ゲーム中に続々と課されるミッションをできるだけ多くこなし、惑星から脱出したプレイヤーが勝者となる。参加人数は最大20人。ソロ・デュオ・スクワッドのいずれかのゲームモードが遊べる。

Fortuna IIIの大地には採掘を妨害するさまざまなモンスターが跋扈しており、彼らを倒すと、種類ごとに決められた金銭、そして経験値を得ることができる。(この他にも、任務達成の報酬などさまざまなゲームプレイを通じて獲得可能)。得られたお金を使用して、事前に設定したより強い装備品を購入したり、レベルを上げて特殊能力を獲得することで、さらなる資源収集を可能にしていく。このサイクルこそ、本作の基本的なゲームプレイとなっている。

一方で、他プレイヤー倒すことで得ることのできる直接的な旨味は薄い。対象が所持している資源を横取りすることは叶わず、得られるものといえば僅かなばかりの経験値程度。せっかく倒したとしても一定時間内であれば初期位置からリスポーンできてしまう。しかし、脱出間際の妨害や、強大なモンスターの討伐を目前にした“漁夫の利”行為など、要所要所でピンポイントに達成することができれば、莫大なリターンを得ることも可能だろう。

また、道中で遭遇した他プレイヤーをチームメイトとして一時的に仲間に加えることもできる。当然、より多くのプレイヤーと共同戦線を張ることができれば、対人線やモンスター討伐という点において、より有利に立ち回ることができるだろう。だが、任務達成によって入手できる報酬がその人数分減少してしまうことに留意したい。つまり、自己強化の速度が低下してしまうのである。個で動くのか、群れで動くのか。強化を優先するのか、妨害を優先するのか。そして如何に素早く任務を達成するのか。

無事の帰還という一点に向けて、さまざまな戦略を張り巡らせ、リスクとリターンの選択を随時行っていくことこそが、『TheCycle』というゲームの肝であると言える。なお、順位に関わらず帰還することができれば、試合中の任務達成状況に応じて報酬がもらえるほか、入手した資源をそのまま持ち帰ることができる。これらを使用しクラフトを行うことで、ゲーム中に購入できる新たな武器や特殊能力がアンロックされていく。ゲームプレイを繰り返し、自分だけの武器、特殊能力の組み合わせを構築していくことも、本作の醍醐味である。

現在続々と水面下より浮上しているPvPvEゲームの代表作になることが期待される『TheCycle』。開発を手掛けるYager Developmentは、『Spec Ops: The Line』のシングルプレイモードを手掛けたことで知られる 。気になる方は是非早期アクセスに参加してみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog