THQ Nordicが決算発表にて『セインツロウ』シリーズ新作が開発中であることを明かす。 さらなるスタジオ買収も

パブリッシャーのTHQ Nordic ABは8月14日、2019年度第1四半期の決算を発表した。それによると、純売上高は前年同期比で36パーセント増を記録。THQ Nordic・Deep Silver・Coffee Stainという3つのブランドにおける、これまでにリリースした作品の力強いセールスが貢献したとし、またデジタル販売の好調により利益率も改善しているとした。

同期のトピックとしては、『ELEX』や『Gothic』といったRPGを手がけてきたPiranha BytesがTHQ Nordicの傘下に入り、Deep Silverでは『Metro Exodus』が引き続き好調だとしている。また、Coffee Stainが手がけた『Satisfactory』のEpic Gamesストアでの成功を挙げている。

『セインツロウ IV』

今回の決算発表の中では、同社最大の傘下スタジオであるDeep Silverについていくつか最新情報も提供している。まず、Deep Silver Volitionが『セインツロウ』シリーズの最新作を開発中だという。シリーズのナンバリング作品としては、2013年発売の『セインツロウ IV』以来の新作となる。同スタジオは、2017年に発売した『Agents of Mayhem』の売り上げ不振によりレイオフを経験しているが、THQ Nordic/Deep Silverの傘下に入る前から携わってきた人気シリーズをふたたび手がける。ゲームの詳細については時期を見て公開していくのだろう。

Deep Silverは、2018年にFPS『TimeSplitters』のIPを買収しており、新作の登場が期待されている。今回、同シリーズを生み出したFree Radical Designの共同設立者Steve Ellis氏がDeep Silverに加入し、シリーズの将来の構想について協力していることも明かされた。そのほか、『セインツロウ ザ・サード』のNintendo Switch版を手がけたDeep Silver FISHLABSが、新規IPを含む複数の新作を開発中とのこと。同スタジオの公式サイトでは、少なくともそのひとつはPS4/Xbox One向けのUnreal Engine 4製タイトルであることが示唆されている。さらに、開発難航が伝えられている『Dead Island 2』については、傘下のDambuster Studiosの指揮のもと開発を続けているという(関連記事)。

『Darksiders III』

THQ Nordicは今回の決算発表に合わせて、Gunfire GamesとMilestoneを買収したことも発表している。Gunfire Gamesはアメリカのデベロッパーで、『Darksiders』を生み出したVigil Games出身者によって設立された。これまでに『Darksiders III』や『Darksiders II: Deathinitive Edition』を手がけ、ちょうど今月には『Remnant: From the Ashes』の発売を控えている。一方のMilestoneはイタリアに拠点を置き、『MotoGP』や『MXGP』『RIDE』といったバイクゲームを中心に手がけてきた老舗デベロッパーだ。同スタジオに関しては、THQ Nordic傘下のKoch Mediaの傘下スタジオとして引き続きレースゲームを開発するという。このほか、ゲーム専門の投資会社Goodbye Kansas Game Investを買収したことも併せて発表した。同社は、THQ Nordic傘下のExperiment 101が手がけるケモノアクションゲーム『BIOMUTANT』などに投資しており、買収によりそのロイヤリティ権を入手した形になる。

これまでにも数々のスタジオやIPを買収してきたTHQ Nordicは、こうした投資によって今後の成長を加速させていくと述べる。傘下スタジオでは、現在81本もの作品が開発中で、そのうち47タイトルは未発表だという。そして、2021年4月までに2本のメジャーなAAAタイトルをリリースするとしている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog