69gの軽量ゲーミングマウス「Razer Viper」8月22日発売。遅延の解消により3倍の入力速度を謳う新製品

Razerは8月9日、低遅延かつ軽量の新しいゲーミングマウス「Razer Viper」を国内向けに発表した。発売日は2019年8月22日。希望小売価格は税別8980円。

「Razer Viper」は、従来製品に比べて3倍の入力速度を謳うオプティカルマウススイッチを搭載し、大きさはそのままに軽量化を施したゲーミングマウスだ。これまでのメカニカルスイッチでは、金属パーツが跳ね返り複数の信号が送られていた為、ユーザーが意図しない入力をキャンセルするプログラムを実装する必要があり、これが遅延の原因となっていたという。「Razer Viper」に搭載されている「Razerオプティカルマウススイッチ」は、赤外線によってクリックと同時に入力が送られるため遅延がなくなり、パーツが接触しないため7000万クリックの耐久性を誇るそうだ。

スポンサーリンク

トラッキングセンサーには、5Gオプティカルセンサーを搭載し、16000DPIの解像度と、450IPSの対スピード性能を実現。オンボードメモリが実装されており、DPI設定が保存可能なほか、8個のボタンにはそれぞれキーの割当やマクロの設定が可能となっている。また、「Razer Viper」は長さ126.73mmで、「Razer Deathadder Elite」「Razer Deathadder Essential」の長さ127mmと殆ど変わらないが、Essentialが96gなのに対して本製品は69gと大きさはそのままに、かなり軽量になっていることは「Razer Viper」の魅力と言える。軽いマウスが欲しかったPCゲーマーにとっては、有力な選択肢と言えそうだ。

なお8月9日より、国内19箇所の店舗で「タッチ&トライキャンペーン」としてデモが設置されている。対象となる店舗は、東京を中心に北海道・名古屋・大阪などにあるツクモ、パソコン工房、ソフマップ、ドスパラの一部店舗だ。発売前に「Razer Viper」の性能を確かめたい方は、店舗まで足を運んでみるのも良いかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog