横スクロールアクション『Georifters』発表。押して引いて裏返す、地形を操り攻略する台湾製アクション

インディーゲームパブリッシャーAnother Indieは7月30日、横スクロールアクションゲーム『Georifters』を発表した。開発を手掛けるのは台湾のインディースタジオBusy Toaster。リリース時期は2019年内を予定しており、価格は未定。対応プラットフォームは現在PC(Steam)のみとしているが、将来的にはXbox One、PlayStation 4、Nintendo Switchでのリリースも予定している。セリフに対する日本語字幕、及び日本語インターフェースに対応している。

スポンサーリンク

『Georifters』は、地形を変動させる能力を持った存在「Georifters」として世界の謎を解き、旅する横スクロールアクションゲームだ。プレイヤーは少女「キャンディ」として使命を果たすべく、5つの世界を股にかけた冒険を繰り広げていく。プレイヤーが操作できるキャラクターはキャンディだけではなく、それぞれ一人ひとりに、床や壁のみならずステージオブジェクトの位置を自在に操作できる能力が備わっており、ときに壁をズラし、ときに床を宙に浮かせるなどしてステージをクリアしていこう。道中入手できるステッカーを集めれば、新たなキャラクターの能力を開放できるほか、収集要素として、見た目を変更できる数十種類のスキンが存在している。また、プレイヤーが挑戦できるレベルの数は数百にのぼるという。

本作には上述した通称「アドベンチャー」モードの他にも2人でステージ攻略に挑む「COOP」モードや、最大4人で攻略の速さを競う「タイムトライアル」モード、持てる力をフルに使って互いを潰し合う「バトルレース」モードが実装される予定だ。Steamのストアページ内の発表によれば、近くオープンベータを開催するとのこと。気になるゲーマーは是非チェックしていかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog