台湾産アニメ調アクションADV『Dusk Diver 酉閃町』PS4/Switch版発売日は10月24日。“台湾の竹下通り”こと西門町を舞台にしたゲーム

台湾のゲームパブリッシャーJUSTDAN INTERNATIONALは、『Dusk Diver 酉閃町』を2019年10月24日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/Nintendo Switch。字幕・ボイス共に日本語に対応。通常版は税別4800円、スペシャルリミテッドエディションは税別7800円での販売が予定されている。

『Dusk Diver 酉閃町』は、台湾のゲーム開発会社JFI Gamesが現在制作しており、Steamにて早期アクセス販売中のアクションADVゲームだ。舞台となるのは、10代の若者に人気があり、台湾の原宿や渋谷とも呼ばれる西門町。主人公の少女「ヤン・ユモ」は、友人の少女「リウ・ユシャ」と共に西門町へ遊びに来ていたが、道に迷っているうちに西門町とは似て非なる世界「酉閃町」に迷い込み、魔物に襲われ重症を負ってしまう。そこへ崑崙界から派遣されている西門町の守り神「リーオウ」が現れ治療を施すと、成年男性の姿を取っていたリーオウがマスコットのような姿になると同時に力を失っており、ユモが力を手に入れていた───というのが本作の序盤の流れだ。その後、崑崙界の研究者で、何故かコンビニの店長をしている土地神が登場し、ユモはコンビニを拠点に西門町と酉閃町を行き来し、魔物の相手をすることになっていく。

本作は全体的に、国産アニメからの影響が見て取れる。グラフィックもアニメ調で描かれており、2D・3D共に可愛らしく仕上がっているが、本作の特徴はそうした中に、台湾のエッセンスがしっかり感じられるところだろう。作中で描かれている西門町には、ビルが立ち並んでいて一見近代的な都市そのものだが、看板に書かれた中国語の文字や、裏路地へ入ると怪しげな中華料理店風の店があるなど、異国情緒に溢れている。本作では、神の棲まう場所を崑崙界と呼んでおり、人間界とは隔絶したという世界設定を持つ。アニメの影響を受けつつも、台湾の古い伝統や神話を活かした独自のストーリーテリングも魅力のひとつである。

ゲームプレイでは、爽快感に重点を置いたアクションが採用されている。連打で連続コンボを繰り出していく弱攻撃と、弱攻撃の段階などに応じて変化する強攻撃、成功するとゲージが回復し周囲が遅くなる回避の3つが基本行動。これに加えて、ゲージを消費して守り神に攻撃してもらう召喚攻撃などを駆使して、わらわらと湧いてくる雑魚を相手に無双するのが、本作の戦闘だ。また、獲得したスキルポイントを活用して、ユモを強化する要素もある。

発売日の発表と同時に、スペシャルエディションの内容なども公開されている。初回版パッケージには、店長のラバーストラップが付属。くわえて、スペシャルエディションには『Dusk Diver 酉閃町』のゲーム本編、オリジナルコレクターズBOX、オフィシャルアートブック、7種類セットのキュートキャラクター缶バッジ、主人公ユモのコスチューム「ニュースキャスターユモ」「白衣の天使ユモ」が収録。PlayStation 4版とNintendo Switch版で同梱物の違いはないようだ。また、店舗オリジナル特典としてゲーマーズやあみあみ、ソフマップなどで、描き下ろしイラストを使用したタペストリーや布ポスターなどの特典が用意されている。ゲーマーズのスペシャルエディションには、さらに抱き枕カバーを付けた限定版も発売予定。なお、ソフマップの特典はリミテッドエディションのみとなる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog