E3のBethesdaカンファレンスにて、ひとりの「日本人女性」が注目集め話題沸騰中。多くの人々の心をわし掴み

Bethesda Softworksは6月10日、「Bethesda E3 Showcase」を実施した。『Fallout 76』を代表としたタイトルのアップデート情報や『DEATHLOOP』を筆頭とした新作の発表など、充実のカンファレンスとなった。実はこのカンファレンスにて、ひとりの「日本人女性」が注目を集めている。

この日本人女性とは、Tango Gameworksの中村育美氏である。Tango Gameworksはカンファレンスにて、東京を舞台とする新作『GhostWire: Tokyo』を発表(関連記事)。ゲームを簡易的に紹介した同社代表の三上真司氏に続き、同作のクリエイティブ・ディレクターを務める中村氏が登壇していた。黒の軽めの衣服と黒縁のメガネをまとった氏は、「イエーイ」の声と共に登場。大きなステージということでナーバスになりそうと緊張の色見せながら、フランクな雰囲気で英語を使ってゲームを紹介し始める。

スポンサーリンク

※中村氏の登場は、21分40秒~

登場から早々に観客の心をつかんでいたが、話が進むと同時に人々のボルテージが上がっていく。大きな理由は、氏のチャーミングな身振り手振りだ。緊張しながら英語を話す氏は、ジェスチャーをまじえてわかりやすい表現に成功している。終始身振り手振りでメッセージを伝えており、同作が不気味であると伝えるために「Spooky」と表現する際には、両手を使ってかわいらしくその不気味さをアピールした。

「(ゲーム内では)危険、そして友好的な人々と出会う」と表現するにあたっては、中腰気味に両手を閉じ開きし、笑いを誘った。その後のオフィスで「(本作の敵はパラノーマルであることをうけて)毎回オフィスに行くたびにノーマルとパラノーマルの区別がつかなくなる」というジョークもなかなかウケている。そして最後には9時の時計を指すような、独特なポーズと共にトレイラーを紹介。盛り上がりをもって『GhostWire: Tokyo』の映像が公開された。

練習を感じさせる頑張り、そして緊張しながらも英語でゲームを伝えようとする愛らしさ。独特のジェスチャーを挟んでくるその度胸。そうした要素から構成された中村氏の不思議な魅力に取り憑かれ、Twitterを中心にSNSでは「Ikumi Nakamura」の文字が海外ゲームクラスタの間で並び、人気が沸騰し始めた。中村氏のかわいらしさに死ねる、もしくはIkumiのことしか考えられないと昂ぶる人物が続出。すべてのモーションをまとめて画像を作るファンやファンアートを作るファンなども出てきており、突如としてアイドル的な人気が生まれだしたのだ。氏のTwitterアカウントには、今回のカンファレンスで氏の虜になったユーザーから、大量のラブレターがおくられている。Polygonなどもこの現象を報じ、人気はグローバルに広がり続けている。

面白いのは、氏の魅力は単純な“かわいらしい”だけに留まらないこと。というのも、中村氏はアーティストとして実力が評価されており、同時にやや変わった人柄から一定のファンを抱えている。カプコンからプラチナゲームズ、そしてTango Gameworks。場を変えながら活躍し続ける中村氏は、環境アーティストおよびコンセプトアーティストとして実績を残しており、たとえば『サイコブレイク』ではリードコンセプトアーティストとして、The KeeperやLaulaといった不気味なクリーチャーのデザインを含めた、全般的なアートワークを担当している。

その頃から個性的な人柄は注目を集めており、同作のアートに焦点を当てたインタビューでは「いつでもグロテスクに入る準備はできている」「三上氏と仕事してから、氏の悪夢を見るようになった」とこれまたインパクトのある発言をしていた。また『サイコブレイク』のfandomにおいてはプロフィール欄には「幼少期は、(クライヴ・バーカー氏のホラー作品)ヘルレイザーをほぼ毎日見ていた」(動画での発言)と記載されている。中村氏へのラブレターの中には、もともと氏の存在を知っており「クイーン」などと表する人物もいる。創造力と個性を兼ね備えたタレント性はかねてから注目を集めており、今回のカンファレンスでそれが愛嬌ある露出を通じて、顕在化したといえるかもしれない。

三上氏も同様に、英語を使ったプレゼンテーションで観客から良い反応を得ていた。ふたりのクリエイターの勇敢なプレゼンテーションが、『GhostWire: Tokyo』への関心を高めたことだろう。『GhostWire: Tokyo』はまだまだ謎が多い。三上氏や中村氏を含めた、Tango Gameworksのスタッフによって作られている、東京を舞台としたスプーキーなアクションゲームの続報が伝えられる日が楽しみだ。

【UPDATE 2019/6/10 21:00】
日本時間19時頃、アメリカ全土を対象としたTwitterトレンドにて、Ikumi Nakamuraがトレンド入りした。

Trend24より

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog