ケモミミ少女xスタイリッシュアクションな『Frenzy Retribution』がカワカッコ気持チイイ。台湾の学生集団が開発中、Steamで無料配信予定

台湾にある私立大学南台科技大学の学生によるチームFrenzyZoneが、現在開発中であるファストペース3Dアクションゲーム『Frenzy Retribution』の第2弾トレイラーを公開した。なお、本作はバグ修正後Steamにて無料配布が予定されている。

トレイラーを再生すると、まず目に入ってくるのは肌色多めな黒い衣装に獣耳と白い髪、首に巻かれた赤い布をたなびかせ、刀を片手に疾走していく少女の姿だ。彼女はパイプに挟まれた赤い鳥居や、ぶら下げられた提灯など、サイバーパンクに和と台湾テイストをミックスさせた独特の世界を駆ける。戦闘シーンになると、少女は手にした武器を鮮やかに操り、鎧風の異様な敵を切り倒していく。多数の敵を相手に舞い続ける彼女の姿は可憐だが同時に格好良く、爽快なゲームプレイを予感させる。

また、トレイラーの後半では、「HIGANBANA THE KINSLAYER」というボスらしき敵の姿や、FRENZY MODEなるゲージ。上記の作品群に影響を受けているというアクション部分も映されている。なお、海外メディアのインタビューによればボスには第2段階が用意されているようだ。

『Frenzy Retribution』は、南台科技大学マルチメディア・ゲーム科学学科の生徒であるZhuang Y氏、Zhang Yuming氏、Chen Yuyan氏、Wang Pinhao氏、Zhang Dongyang氏、Guo Xuanwu氏の6名と、インストラクターZhang Huacheng氏によって開発中の3Dアクションゲームだ。

第1弾トレイラーが公開された昨年末に、その時点での開発期間が3か月と明かされていたことから、現在開発期間は8か月目とみられる。ゲームエンジンにはUnityが採用されており、『DARK SOULS』『Devil May Cry』『ゴッド・オブ・ウォー』『メタルギア ライジング リベンジェンス』などの作品から影響を受けて開発されている。早いテンポで繰り広げられるコンボ重視な戦闘は、こうした作品の影響を強く感じさせるだろう。また、6名は学生だが、これまでにもインターンシップを通じて小さなプロジェクトに関わっており、その経験が『Frenzy Retribution』の開発にも生かされているのだという。

※第一弾トレイラー

学生作品ながら既にいくつかの賞を獲得しており、アマチュアとは思えない美麗なグラフィックと、スタイリッシュなゲームプレイにも期待できる本作。プレイ時間は2時間から4時間程度と短いが、前述のとおり完成後はSteamにて無料公開が予定されている。アクションゲームとケモミミ少女が好きなゲーマーは、公開を楽しみに待とう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog