『モンスターハンター:ワールド』最新情報が公開されるスペシャルプログラムの放送が5月10日8時に決定

カプコンは5月7日、国内向けにはPlayStation 4/Steam向けに販売中のハンティングアクションゲーム『モンスターハンター:ワールド』に関する情報番組「スペシャルプログラム2019」の放送を発表した。「スペシャルプログラム2019」は5月10日8時からで、Youtube/Twitch/Periscopeの各公式チャンネルにて放送される35分程の録画番組だ。番組には、『モンスターハンター:ワールド』のプロデューサーである辻本 良三氏、ワールド エグゼクティブ・ディレクター兼アートディレクターの藤岡要氏及びその他開発スタッフが出演し、『モンスターハンター:ワールド』の最新情報が公開される。

記事執筆時点で公開されている情報は以上となるが、今回のスペシャルプログラム2019で期待されるのは、2019年春ごろに続報が公開予定とされていた「モンスターハンターワールド:アイスボーン」に関する情報だろう。

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」は、昨年12月10日にティザートレイラーが公開された2019年秋配信予定の『モンスターハンター:ワールド』向け超大型拡張DLC。これまでに公開されている情報では、『モンスターハンター:ワールド』本編のエンディング後から始まる追加のストーリーや、新たなフィールドやモンスター、武器や防具、アクション、クエストランクなど、従来の「G」に相当するものが「モンスターハンターワールド:アイスボーン」には収録されているという。これまでの「G」とは異なり、DLC形式であるためプレイするには『モンスターハンター:ワールド』本編が必要。なお、Steam版の発売日は未定とされている。

もちろん「アイスボーン」だけでなく、さまざまなイベントなどについても明かされることになるだろう。ちなみに同プログラムの直前にはSIEの放映するプログラム「State of Play」の第2回目が実施される予定だ。このふたつがなんらかの形でつながる可能性はあるだろう。同日4月10日の午前3時半には『ゴーストリコン』の発表があるとされており、ゲーマーにとってはさまざまなニュースを楽しめる金曜日になりそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog