ネパールで禁止されていた『PUBG MOBILE』、最高裁判所が禁止撤回を求める。裁判官が実際にゲームを調べその危険性を見直し

今月4月10日、ネパールの首都圏犯罪課が『PUBG MOBILE』の禁止を求め、カトマンズ地方裁判所に公益訴訟を起こした。その流れで、翌日にはネパールの電気通信規制機関であるNepal Telecommunication Authority(以下、NTA)が、ネパール国内すべてのインターネットサービスプロバイダ、モバイルサービスプロバイダに対して『PUBG MOBILE』のネットワークを遮断するよう指示したと報じられた(関連記事)。しかしこれが撤回される動きがあると、CNN系のメディアNews18が報じている。

最近になり、中央アジア地域において『PUBG MOBILE』が爆発的に流行し、インドでは死者を出す事態にまで発展(関連記事)。インドでは州政府が『PUBG MOBILE』を法的に規制する通達を出したほか、前述したようにネパール政府も規制の動きを強め、さらにはイラクもまた今月17日に『PUBG』だけでなく『フォートナイト』を、健康や文化の面で悪影響という理由から禁止することが議会で可決されたとCBCが報じていた。

中央アジアの『PUBG』禁止包囲網が進む中、流れに反して、ネパールの最高裁判所が同作のプレイ禁止を見直そうとしているようだ。報道によると、裁判官であるIshwar Prasad Khatiwada氏は、個人的に『PUBG MOBILE』がどのようなゲームであるかを調査したという。その調査をしたのち、普通のエンターテイメントメディアのひとつにすぎないと判断。その上で、冒頭で述べたカトマンズ地方裁判所の判決の停止が通知されている。

最高裁判所は、政府に対しても『PUBG』は公共で遊ばれる通常のエンターテイメント・ゲームであり、報道の自由と表現の自由は憲法で保証されていることにより、禁止することが公平で合理的かつ、賢明で論理的であると証明することが求められると通達した。自主規制の面で規制が進みつつある流れの中で、法的な面で禁止が合理的ではないと判断が下されたことになる。

波状的に中央アジアで『PUBG』禁止化が進められる中、実際にゲーム内容を調べた上で、禁止を撤回する動きが出てきたことは、非常に興味深い事例であるだろう。スマートフォンが浸透し始め、ゲームを知らない若者たちが基本プレイ無料の『PUBG MOBILE』でその楽しさを知り、そして中毒状態に陥るというサイクルがあると報じられており、もし諸国がインドと同じ状況であるならば、なんらかの制御が求められるかもしれない。ただし、その答えが「同国内ユーザー全員のプレイ禁止」だけであるとも限らない。ネパールの動きを受けて、今後の規制の流れがどのように変化していくか、注目されるところだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog