『ストリートファイターV AE』で「春麗が昇天するバグ」見つかる。上空へと舞い上がりゲーム画面から去っていく

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンのPS4/PC向け対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』のキャラクター「春麗」に、不思議なバグが存在することが明らかになり話題となっている。最初に発見したと思われるのはプロ選手のElChakotay氏で、その後ほかのプレイヤーにも同じ現象が起こり再現性があることが確認された。そのバグとは、春麗が上空へと舞い上がり、そのまま画面からいなくなってしまうというものだ。

この春麗の“空中浮遊”バグの話を聞いた、本作の技のフレーム検証をおこなえるサイトsfvsimの開発者Loïc Petit氏が、そのメカニズムの解明に臨み報告している。まず、バグを再現させる方法についてだが、「VトリガーIの錬気功を発動後、Vスキルの鸞脚を放つ。その空中で百裂脚(一例、何でも良いとのこと)→鸞脚で空キャンセル」というコマンドの流れになるとのこと。Petit氏は、最初の鸞脚の後に出す蹴り技の1フレーム目には真上方向への力がキャラクターにかかっており、本来なら2フレーム目から重力が働き着地に向かうとコメント。しかし、2フレーム目以降を空キャンセルすることで、その後に出す鸞脚の飛び上がる力に重力が働かなくなり、そのまま上空へと飛んでいってしまうのだろうと述べる。

またPetit氏は、Vトリガーの錬気功を発動させた時のみ、鸞脚にて蹴り技を空キャンセルすることができる奇妙な時間が発生すると指摘。こうした特殊な条件がそろった上で初めて再現できるため、これまでこのバグが発見・報告されることがなかったのではないかとしている。なお、春麗がバグによりゲーム画面外へと飛んでいってしまうと、両プレイヤーにはどうすることもできず、試合は時間切れを待つほかない。まだ画面内にいる間であれば、対戦相手による攻撃で墜とすことが可能ではある。

*Loïc Petit氏が再現させた、春麗の空中浮遊バグ

本作における不思議なバグというと今年2月、ブランカに「時を止める」ことができるバグが発見され、ちょうどブランカの誕生日とも重なって大きな話題となった(関連記事)。同じくLoïc Petit氏が検証に乗り出し、こちらも特定条件下にてキャンセルを利用することで発生することが判明。数秒間ではあるが対戦相手が静止しているなか、ブランカのみが自由に動けるという圧倒的に有利な状況を作り出すこととなり、カプコンは数日後に修正対応をおこなったという事例がある。

今回の春麗の空中浮遊バグは、試合において直接有利になるというものではないが、相手よりも多くの体力がある時点で発生させれば勝ち逃げができてしまう。おそらくオンライン対戦でも再現できてしまうだろう。故意であれ事故であれ、発動してしまえばまともな試合にならないため、カプコンには早期の修正が求められそうだ。

【UPDATE 2019/4/9 19:45】
カプコンは4月9日、『ストリートファイターV アーケードエディション』にて、VトリガーⅠ「錬気功」の効果時間中に「鸞脚」を発動し、特定のタイミングで「空中百裂脚」のコマンド成立直後に「双睛脚」を入力すると、春麗が空中に浮いたままとなってしまう現象について認識しているとコメント。今月中に修正を予定していると発表した。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog