次世代コンソールAAAゲーム『イブ』発表、艶やかで美しい映像公開。キム・ヒョンテ氏が監督を務める

韓国のゲームスタジオSHIFTUPは4月4日、開発中のAAAタイトル『Project EVE(イブ)』を発表した。本作はシングルプレイ中心の3Dゲームで、PlayStation 4やXbox One、PC(Steam)、次世代機などに対応予定とされている。開発チームには、SHIFTUP代表キム・ヒョンテ氏が監督を務め、『ブレイドアンドソウル』の開発初期メンバーであるイ・ジュファン氏などが参加し、ESTi氏が統括サウンド監督を担当。また、本作のティザートレイラーも公開中となっている。

『Project EVE』はセミオープンワールド方式を採用。『ニーア オートマタ』『ゴット・オブ・ウォー』などに影響を受けて開発されているゲームだ。『ブレイドアンドソウル』開発で得た経験を活かし、影響を受けた作品のゲームプレイを進化させることを目標の一つとして開発されている。制作には、Unreal Engineを使用しているそうだ。

本作の為にSHIFTUPは新たなスタジオを設立し、3Dスキャンシステムやフェイシャルキャプチャシステムなどを構築。また、現在は開発の初期段階にあり、10名ほどで開発が進行中。最終的には100名以上の人材を確保し開発が行われる予定となっており、開発者とクリエイターの人材募集が公式サイト上で実施中だ。

開発の状況に対しシナリオはほぼ完成状態にある。『Project EVE』では、侵略者によって軌道上への脱出を余儀なくされた人類が、地球奪還を目指して戦うのだとか。公開中のティザートレイラーからは、着陸したロケットのようなものから現れる少女と、倒れた人の姿。最後には、荒廃した街を背景に少女とモンスターが対峙している様子が確認できる。

本作の開発を行うSHITUPは『デスティニーチャイルド』を開発した韓国のステジオであり、代表であるキム・ヒョンテ氏は『ブレイドアンドソウル』でアートディレクションを、『デスティニーチャイルド』ではディレクターとキャラクターデザインを担当した人物。『マグナカルタ』シリーズなどのイラストも手がけており、肉感的で美しい絵を描くイラストレーターとして印象に残っている方も多いだろう。前述のとおり本作においては監督を務めている。その為か、ティザートレイラーから既にグラフィックに対する只ならぬこだわりが伝わってくる。開発初期段階だけに期待も不安も大きいが、本作のグラフィックには大きな期待が持てそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog