『LoL』日本サーバー限定イベント「花見 ON THE RIFT 2019」が今年も開催。豪華賞品が当たるコンテストとキャンペーンも

『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』の日本サービスを運営するライアットゲームズは、期間限定イベント「花見 ON THE RIFT 2019」の開催を告知した。豪華賞品が当たるキャンペーンには、ゲームをプレイすることで溜まるポイントが必要だ。RTキャンペーン、アートコンテスト、「LoLボケて」コンテストについてはTwitterでの応募となっている。

 

ポイントを溜めて豪華賞品が当たる射的に挑戦

「花リフ」との通称で親しまれるこのイベントも、2017年より数えて3年目となる。今年のテーマは花見の屋台となっており、テーマビジュアルには屋台を楽しみながら花見に興じるチャンピオンたちの姿が見える。

イベントの根幹は変わっておらず、ゲームをプレイすることで獲得できるポイントにより、個人スコアである「マイポイント」とプレイヤー全体のスコア合計である「コミュニティポイント」を溜めると、さまざまな特典がアンロックされていくという流れだ。イベント期間中は、日本サーバーで普段プレイできない3v3のゲームモードである「ツイステッドツリーライン」もプレイできる。各ゲームモードで得られるポイントは以下のとおり。

・4ポイント:サモナーズリフト(ランク/ノーマル)で勝利
・3ポイント:ランダムミッド、ツイステッドツリーラインで勝利
・1ポイント:AI戦で勝利

コミュニティポイントが40万ポイントを突破すると「射的屋ビィーモ」が登場し、豪華賞品が当たる射的に挑戦することができるようになる。射的はタダでできるわけではなく、マイポイントから8ポイント、もしくはコミュニティポイントのチェックポイント通過特典としてプレイヤーに配られるチケットを消費することで、1回プレイできる。

 

Twitterでファンアートコンテストや「LoLボケて」コンテストに応募しよう

Twitterを用いたソーシャルキャンペーンも展開される。花リフ恒例となったファンアートコンテストの作品テーマは「花見 ON THE RIFT 2019」。花見のお祭り屋台を楽しむチャンピオンなどを題材にするとよいだろう。応募できる作品数は1人1作品までで、全年齢対象、どこかに「花リフ2019」と書き込むことなどが条件となっている。できた作品はハッシュタグ「#花リフアート」をつけてTwitterにイラストをアップすれば応募完了となる。昨年開催された写真コンテストは今年不開催で、イラストのみが対象となる点に注意だ。

イラストは無理という方は「LoLボケて ON THE 花リフ」コンテストに応募してみてはいかがだろうか。今回の「LoLボケて」には公式のお題が2つ用意されている。『LoL』唯一の公認カップルチャンピオンであるザヤ&ラカン、花見の屋台で購入したタコ焼きをラカンに食べさせているザヤが思う心の声がお題の「#ザヤの気持ち」。射的屋ビィーモのやたら大きな残念賞の中身を想像する「#射的屋ビィーモの残念賞」だ。こちらのコンテストはイラストと違い、1人何点でも応募できる。

どちらのコンテストも作品応募期間は4月3日(水)15:00~4月11日(木)12:00で、応募期間が終了すると特設サイトでのユーザー投票が始まる。投票期間は4月12日(金)15:00~4月19日(金)23:59で、この結果によって決まった順位により、豪華賞品がプレゼントされる。

花リフ2019開催を記念したフォロー&RTキャンペーンも開催中だ。こちらは4月19日(金)23:59までのフォローとRTで応募完了となる。

 

豪華賞品ラインナップはほとんどが日本オリジナルグッズ

「花リフ2019」で用意されている豪華賞品は、ほとんどが日本オリジナルグッズとなっている。イベントビジュアルに登場するチャンピオンたちがデフォルメされたデザインのかわいらしいグッズたちだ。

「花リフオリジナルクロック」は射的の特賞とコンテストの1位賞品で、デフォルメされたチャンピオンのアイコンが文字盤に並ぶデザイン。オリジナルクロックと同じチャンピオンのアイコンを用いた「オリジナルサコッシュ」、ポロやバロンのデザインも追加された「オリジナルケーブルバイト」、イベントビジュアルで主役を務める「ニーコ&ビィーモキーホルダーセット」、そして日本地域の謎ゆるキャラをデザインした「ロルくんパスケース」が、他に賞品として並んでいる。どの賞品がどのコンテストで獲得できるかの詳細については、ぜひ公式告知をチェックしていただきたい。

「花リフ2019」は4月5日(金)15時開始。激レアなオリジナルグッズ獲得を目指して、プレイやファン活動に勤しもう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog