『Apex Legends』にてマップの至る所に”ジャンプパッド”が出現。次期アップデートの予告か

Apex Legends』にて、マップの至る所に”ジャンプパッド”が出現している。これは、次回のアップデートでの実装が噂されていた新レジェンド「オクターン」のアルティメットアビリティと報じられていたもので、これに関する公式からのアナウンスは一切無いが、もともとこういった新要素がゲームファイル上に存在しており、その一部を適用したことによる”隠しアップデート”であることが予想できる。もちろん「オクターン」はまだプレイすることはできないが、彼のアルティメットをイースターエッグとして追加したのだろう。

ジャンプパッドは現在、設置物としてマップ上の至る所に配置されており、踏むことで大きく飛び上がることができる。通常のジャンプよりも遥かに高く飛び上がることができるが、ジャンプバルーンには及ばないほどである。ジャンプした反動である程度の距離を移動することもできる。踏むだけで即座に飛び上がれるので、強いポジションを陣取ることや、危険な状況からの離脱を手助けしてくれるだろう。

多くのプレイヤーは、前述したように、このジャンプパッドが新レジェンド「オクターン」のアルティメットアビリティであると認識していることだろう。現在はマップ上の決まった場所に配置されている状況だが、今後は任意の場所に設置することで戦術を広げる強力なものとなるかもしれない。

コミュニティではジャンプパッドが予告無しに現れたことに驚きの声が上がっている。現在Redditには大量のスクリーンショットや動画が投稿されている状況だが、とあるスレッドは多くのユーザーからの反応が寄せられるとともに、開発元であるRespawn Entertainmentが意味を含んだ絵文字1つのみで返信されている。どんな意図でこの絵文字を投稿したのかは定かではないが、何らかの意味を含んでいるように思えてならない。

『Apex Legends』では3月中のシーズン1開幕、それに伴うバトルパスや新レジェンドの実装が予告されており、多くのプレイヤーがアップデートを待ち望んでいる状況だ。今のところRespawn Entertainmentからの具体的なアナウンスは無いが、今回のジャンプパッドの出現はアップデートの片鱗をうかがわせるような事例だった。この後の発表に掛かる期待は膨らむばかりだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog