マイクロソフト「Xbox Live」を通じたクロスプラットフォーム環境をサードパーティに開放へ。PC/Xbox/Nintendo Switch/モバイルが対象

来月3月18日から22日にかけてアメリカで開催されるGDC(Game Developers Conference)。ゲーム開発者が集まるこのイベントではさまざまなセッションが予定されており、マイクロソフトのエンジニアも登壇する。そしてそのセッション概要から、同社は「Xbox Live」を利用したクロスプラットフォーム環境を拡大させ、サードパーティにも開放することが明らかになった。

「Xbox Live: Growing & Engaging Your Gaming Community Across iOS, Android, Switch, Xbox, and PC」と題されたセッションの概要冒頭では、現在Xbox Liveは4億台のゲーミングデバイスに6800万人のアクティブプレイヤーを抱えており、新たなクロスプラットフォームのXDK(Xbox開発キット・SDK)を提供することで、20億台を超えるデバイスに拡大させていくと述べる。具体的には、XboxコンソールやWindows 10のMicrosoft Storeにて提供されるゲームのプレイヤーに加え、Nintendo SwitchやiOS/Androidのプレイヤーをも相互に繋ぐことができるようになるという。

Xbox Liveは、各Xboxコンソールのネットワークを支えるインフラであり、PC向けにも特にWindows 10から本格的な対応が進められた。オンラインゲームのマッチングだけでなく、実績機能やクラウドセーブ、フレンドやメッセージングなどのソーシャルサービス、クラブ・トーナメント作成機能などを提供し、一部タイトルではクロスプレイやクロスバイ、クロスプログレッションにも対応する。またモバイル向けにも提供しており、自社のWindows 10 Mobile(2019年10月にサポート終了)のほか、iOS/Androidにも対応ゲームがある。

ただ他社プラットフォームでの対応は、これまでは基本的に自社タイトルに限られていた。これはNintendo Switchについても言え、唯一Xbox Liveを通じたクロスプレイや実績機能などに対応しているのは、マイクロソフト傘下のMojangが手がける『マインクラフト』だ。こうした状況のなか、マイクロソフトは新たなSDKを開発者に提供することでXbox Liveを通じたクロスプラットフォーム環境をサードパーティに解放し、ひいてはXbox Liveのコミュニティの拡大を目指しているというわけだ。

SDKの具体的な内容についてはGDCでのセッションを待たねばならないが、自らのコミュニティをプラットフォームの垣根を超えてより自由に混合させたいと考える開発者にとって、障害を取り除くものになるとのこと。クロスプラットフォームは、すでに『ロケットリーグ』や『フォートナイト』などで実現しており、タイトルによってはPC・コンソール・モバイル版のすべてのプレイヤーが一緒にプレイする。必要なサービスが統合されたXbox Liveをそのまま利用できるとなれば、開発者にとっての負担は大きく軽減されるだろう。マイクロソフトは、開発者はその分ゲーム開発に集中できるとし、また昨年買収したPlayFabが持つクラウドゲームのバックエンド技術も、そうした負担軽減に活かされていると述べている。

マイクロソフトは、1月31日に発表した2019年度第2四半期の決算にて、Xbox Liveのユーザーからのものを含むソフトウェア・サービスの収益が大幅な伸びを見せ、また前述したXbox Liveのアクティブユーザーも増加していることを明らかにしている。さらに、この中に含まれるPC・モバイルユーザーは、これまでで最高を記録したとのこと。Xbox Liveのサードパーティへの開放は、サービスを提供する企業としては順当な一手といえ、どれだけ利用が広がるのか注目される。

なおGDCでは、マイクロソフトは「Project xCloud」についてのセッションもおこなう予定だ。Project xCloudとは、Xbox Oneゲームをスマホやタブレットでプレイできるストリーミングゲームサービスのことで、開発にはXbox Oneでの後方互換機能を実現したチームが当たっている。セッションでは、コンソール向けゲームをモバイルに適応させるProject xCloudのSDKについてや、Xbox向けゲームを手がける開発者がいかに簡単にProject xCloud向けにもゲームを提供できるか、またタッチデバイス向けの入力方法のカスタマイズなどについて語られるとのこと。Project xCloudは、2019年内にパブリックトライアルの実施が予定されている(関連記事)。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog